2006(平成18)年の4月14-15日「夢の話」

どうも!タラッタです。

自分の部屋の掃除をしとったら、当記事作成の10年前である2006(平成18)年の頃のスケジュール手帳が出てきました。ああ懐かしいなあと思いながら眺めとると、なにやらギッシリとメモが書いたりました。

今「なにやら」と書きましたが、私は書いたことをちゃんと覚えとります。睡眠中に見た夢の内容を書いたんです。ただ、どんな内容だったのかまではハッキリ覚えとらんくって、漠然と、不思議で印象深い夢を見たということだけは覚えとりました。

というわけで、今回は、そのメモ書きを “ そのまま ” ここに全文転載します。ただし、読みやすいように改行しました。あと、途中で妹の名前が書いたったで、そこは個人情報を考慮して「妹」と書き換えました。

あと、メモにはイラストも描いたったんですが、クシャクシャだったんで今回描き直しました!

夏目漱石の『夢中夜』みたいに傑作物ではないですが、どうぞごゆっくりお読みくださいませ。

夢

夢の話(覚えている分のみ)
4月15日 ← 4/14日(金)にねた

~マリオとルイージ(?)がいて、
ある街の大ビルディング内で実体3Dマリオ64をはだで体験し、電撃や打撃をくらいまくった。

途中で上の階(?)まで行って、奥の方へ歩いて行ったら、
短い階段(数段)をのぼった所に小さな楽フ屋。
なぜか同じ内容の本ばかり(出版社はちがう?)であった。

先へ進むと通路の角に電子辞書の店が。

店員に「電子辞書がほしい。」ときくと、

「ここは ? 階なので売れません。下におりてもらって、
こことは反対側のエレベーター ← 不正確 てきとう 
のある隅まで行くと売り場があります。」

と言われて、
ごちゃごちゃしている通路を歩いて行っただけで(つまり階は同じ)電子辞書売場についた。

でも少しの階段を上らないと入れないから上った。

中は青っぽい雰囲気で変な感じ。

求めていた電子辞書を持って会計を済ませようとしたが、
どうやらその部屋の隅の細~い通路を歩かないかんそうだ。

そして歩こうとした時…。

~~ここは、食堂?
(電子辞書の売場が食堂?になったのかどうかはよく覚えてない。)
であった。

どうやら地下らしい。

その広いステージ付きの食堂?の隅に上に続く階段があった。
上ると明るく、
目の前には赤い大きめの寺?が。

その寺を囲むようにしてたっている家々のひとつに自分らはいる。

夢1

今のメンバーは、自分、ロン、ハーマイオニー?。
(ちなみに大きな道が1辺に走っている。)

気がついたら戦が始まっていた。(騎馬戦?)
自分らは逃げて逃げた → 間をぬって。

ロンが泣いていた。

そしてその後何かがあって、そこは「名古屋市」と知った。
名古屋にもこんな所あるんだと思った。

そしてまた何かあって…

自分は何千円かお金を持って来ていた。
寺の当たり(?)の駅で電車を待った
(駅の正確な位置は知らん。)

今のメンバーは、自分のみ(?)。

そして名古屋を出て東京へ行った。

(自分はこの夢の話の中で夢を見た。それは山を登った夢。
その山では、ある小さい荒道から猫が出てきた。
そしたらそいつが小動物を1匹殺し、くわえてどこかへ去ってった。)

東京に着いた時、
街なのか山なのかよく分からない場所に出ていた。
なぜか細い鉄の枝の上を歩いて行くと、本当に山に着いた。

今のメンバーは、自分、妹、変な巨大ウツボ(?)。

険わしい道を歩いて行くと、ひょこっと横から猫が。
妹は、「お兄ちゃん正夢を見たね。」と言った。

その猫のあとをついていくと広大な川があり、猫は消えていた。
森が川辺に広がる。
自分は川を大ジャンプでこえたのか、
他の道をわたったのか分からないが わたっていた。

その先の小さい道(?)を進めると、
また鉄の枝の上を歩いていた。(もう夜。)

そこから下を見ると車が走っている道が。

夢2

気にせずに進むと駅。

そこを目がけてふくざつな鉄の枝の道をわたりついで、
最後は大ジャンプで駅の前にたどりついた。

それもまた、小さく人のいない駅だった。
今自分が持っているお金の額が心配だ。帰れるかなあと。

妹はもういない。でも、巨大ウツボ(?)はまだいて、
自分にこう言った(気がする。)
「この山のがけを登れ。」と。だから登った。

夢3

大ジャンプをくり返して登った。
所々にトランポリンもあった。

かなりの高さまで来たら、
ウツボ(?)が戻って来いと言った(?)のですべって下った。

そしたらなんと、
先ほどまでなかった小さなトンネルがあるではないか。

夢4

ウツボ(?)が「私の口に入るのだ。」と言った。
だから、もう1人誰か分からないメンバーと共に口に入った。

そしてトンネル内へ。

ここは暗い。しかもなぜか廃止された線路らしきものもある。

その先へずっと進むと、横にトイレがあった。
するともう1人のメンバーが、
「ここ、前来たことある場所かもしれない。」と言った。

気付いたらウツボ(?)の口から出ていて、
ウツボ(?)は消えていた。

ここは細いけど、電気の付いた明るい地下通路みたい。

そして階段を上った。
けっこう長めだったけど。

夢5

そしたらなんと、
出た所はずっと前来たことのある食堂?ではないかですか!

夢6

いま来た階段は、前はなかったのか。
それとも、気付いていなかっただけなのかよく分からない。

そして、前も上った階段を上った。
そこでもう1人のメンバーが
「ここに違いない。」とつぶやいた。

そこはやはり前来たことのある、名古屋市内のお寺の所だった。

夢7

ああ、不思議と思ったところで夢から覚めた。
ちなみにもう1人のメンバーはロンだった。

夢から覚めた後も、不思議でたまらなかった。

だからここに書き留めた。
覚えている限りだし、てきトーな所も多い。
だけどこんな感じだった。

本当は夢のどこかで、
在所のジジィやシェルティのダンくんが出てきたり、
あと、山の猫の場面が合計3回あった気がする。

でもよく分からなかった。
しかも これに書いた以上、夢は見ていたと思うが、忘れた。

「マリオ…」で始まる分の前の ~ は何かがあったということを表す。
文中の ? や (?) は本当にそういう所やそうだったのか分からない所。

例えば、「食堂?」というのは、
食堂だったのか、それともただの集会場だったのか、
何のための部屋だったのか分からないということ。

不明確ですみませんねぇ。
でもこの話は強く印象に残っています。非現実的だもんね。

いかがでしたでしょうか?読みづらくてスミマセン。誰のために書いた訳でもなく、自分が読み返すために書いたメモにすぎんで、乱文なんです。

では、登場したキャラクターの紹介を簡単にしてみましょう。

  • マリオ、ルイージ:
     おなじみの、任天堂のキャラクター。赤と緑の兄弟。
  • ロン、ハーマイオニー:
     『ハリーポッター』に出てくる登場人物。
  • ウツボ:
     ウナギ目ウツボ亜目ウツボ科に属する魚類です。興味があったら調べてみてください。ちなみに『スーパーマリオ64』に巨大ウツボが登場しますw
  • 妹:
     省略。
  • 在所のジジィ:
     母の実家に住む母方祖父のこと。頭の大部分につるっぱげが広がるが、横っちょに白髪があるのが特徴的。夢の話をメモった2006年4月の約半年後に死去。
  • シェルティのダンくん:
     シェルティとは犬種名(正式にはシェットランド・シープドッグといい、コリーを中型犬化させたような感じ)。ダンは名前。2006年4月当時はまだ1歳。2016年5月現在も健在。よぼよぼだけど(^^;)

では、今回は以上です!
お読みいただき、ありがとうございました^^

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.