【投稿納め2015】当ブログ記事 歳末ランキング発表!

2015年投稿納め

どうも、タラッタです!

ついに、2015年も今日が最後です!あっという間の一年間でした。貴方はどんな年になりましたか?何か新たな進歩がありましたか?

私はといえば、う~ん・・・特に無いです。強いて言えば、声楽教室の生徒が増えたことと、サイドでやっている事業が軌道に乗ってきたことでしょうか。ま、サバイバルなので、いつ水の泡となってもおかしくないですが(^^;)

それとこのブログ、前の忍者ブログから2014年の12月に引越してきてからは、新たに書いた記事が144(2015年の年間では128)、忍者ブログ時代とその前のアメブロ時代のを合わせると345です

  音楽室(廃止)やプロフィールページと、サイトマップコンタクトフォームなどのページは除いて計算してあります。そして計算を間違えていたらゴメンナサイ。

更新頻度としてはまあまあですかね。毎日更新したかったのですが、飽き性の私にはやっぱり無理でした!(^^)!

さて、今回今年最後の記事では、2015年の当ブログの思い出や、記事の色々なランキングの発表をしたいと思います!興味なんてないかもしれませんが、あたたかい目でご覧になってみてくださいね

お話の順番

2015年の当ブログでの思い出

思い出は・・・、特にありません!何となーく更新してきたにすぎないので、思い入れがありません。ただ、色々とやってはいました。

  • 音楽室のページでの曲数増やし
  • 音大生時代で印象に残っていることをつづった特集記事(こちら)の投稿
  • テンプレートの変更(無料の「stinger5」から有料の「賢威」へ)
  • レイアウトの変更や修正
  • 真っ白

大まかなところはこのような感じです。特に2つ目が一番色濃く記憶に残っている気がしますが、最後の「真っ白」というのは冷汗ものの肝っ玉冷やしでした( ;∀;) 

真っ白について

え?真っ白って何かって?・・・これはワードプレスを運営している人なら経験したことがあると思いますが、簡単にいえば、ブログのシステム更新等をする際に、何らかの不具合によってブログが真っ白になってしまうという、非常に恐ろしいもののことです。

ブログの閲覧不能は当然ながら、管理画面にも入れず(入れても変な文字が出たり)、そのため記事の投稿や更新が不能になってしまうという緊急事態です。

脂汗がジワジワ出てきて、生きた心地がしなかったです。「今まで一生懸命に書いた記事が全部水の泡になるのか」と頭をよぎり、放心状態。涙は不思議と出ませんでした。

調査の結果、幸いにも単純な不具合だということが発覚したので復元は簡単でしたが、もう二度とあんなことにはなってほしくないですね。

しかし、私自身がいくら気を付けたとしても、機械物というのはいつか必ず不具合やバグが起きるもの(知らぬ間に起こしてしまいうるもの)です。バックアップをとりつつ、これからも心して更新を続けていきたいと思います。

・・・ま、そんなことが、当ブログでは8月に一度起きていました。そのときに偶然アクセスした人は、まともに記事が見られなかったはずです。この場をお借りしてお詫びいたします。すみませんでした。

2015年記事 歳末ランキング発表

さて、ここで当ブログの記事の色々なランキングを発表したいと思います。発表するのは、この一年で、

  • アクセス数(閲覧数)の多かった記事ベスト3
  • アクセス数(閲覧数)の少なかった記事トップ3
  • じっくり時間をかけて読まれた記事ベスト3
  • 反響があった記事ベスト3
  • タラッタが頑張った記事セレクト3

をご紹介していこうと思います。また、条件は、

2015年1月から12月までに書いた記事の中から選出
2015年1月から12月31日正午までのデータで集計

の2点です。残った12月31日の午後分は加味していません(加味しても誤差にしかならないのであえて捨てましたw それよりはランキング発表をして一年をスッキリ終えたかったので!)。

あと、アクセス解析にはバグや不具合もあり、100%正しいデータとは言えませんが、それは良くも悪くも運命と見なし、実際のデータ数値をいじることなくランク付けしました。

アクセス数(閲覧数)の多かった記事ベスト3

アクセス数の多かった記事

アクセス数が多かった記事は、元々需要がある記事というわけです。ユーザーの求める内容だったり、Googleの検索結果などでの露出度が高かったり、SNS等からのアクセスが多かった記事と言えるでしょう。1位から順に発表します!

 ※ 気になる記事がありましたら、その記事のタイトルをクリックするその記事にリンクします。

1位【1位】受験勉強中、クラシック音楽をBGMに使うことは控えよう

4月29日投稿  アクセス数: 4906

2015年の記事ではアクセス数ナンバー1!一番需要があった記事と言って良いでしょう。

受験勉強をする際、BGMにクラシック音楽を流している人は少なくないと思います。たしかに、クラシック音楽には脳の活性化やリラックスさせる効果があると言われています。でも、「受験対策の勉強」に限っては、クラシック音楽は不向きです。

では、なぜクラシック音楽が不向きなのか?・・・というのは、記事の中で説明しているので気になる方は是非読んでみてください。ただ、勉強全般に言えるわけではありません。あくまで「受験対策」に限ってです。

2位【2位】ピアノを弾いて手首が痛い!腱鞘炎になったときの対処法

1月22日投稿  アクセス数: 4740

思いのほかアクセスを稼いだのがこの記事。

ピアノを習う人なら誰もが経験する腱鞘炎。どうやって緩和したら良いと思いますか?もしかして、腱鞘炎でもピアノを弾いたりはしていませんか?とにかく、この記事では腱鞘炎の緩和方法についてお話ししています。

腱鞘炎になったときは焦りたくなくても焦ってしまうものですが、まずは落ち着き、この記事に書いてあることをゆっくり読むようにすると良いでしょう。ピアノの人に限らず、パソコンをよくやる人、手を使った仕事が多い人にも参考にしていただけると思います。

3位【3位】「風になる」と「明日への扉」のサビがそっくりなのはなぜ?

1月28日投稿  アクセス数: 3008

ジブリ映画『猫の恩返し』でつじあやのさんが歌う主題歌「風になる」と、I-WiSHのaiさんが歌う「明日への扉」のそれぞれのサビのメロディーは、とてもよく似ています。まだの人は聴いてみてください。私はデジャブのような感覚に陥りました。

でも、そのそっくりなのには理由があって、その大きなひとつが「カノンコード」というものが使われている点。詳しくは記事の中で述べていますが、要はパッヘルベルの「カノン」で使われているコード進行が、どちらの曲のサビにも使われているのです。カノンコードは、ポップスでは王道進行と言われています。

アクセス数(閲覧数)の少なかった記事トップ3

アクセス数の少なかった記事

アクセス数が少なかった記事は、元々需要がない記事。Googleの検索結果などでの露出度が低かったり、そもそもユーザーが求めないような内容だったり、SNS等からのアクセスが少なかった記事と言えるでしょう。ビリから順に発表します!

なぜ「ワースト3」ではなく「トップ3」なのか気になった人もいるかもしれませんが、単純に、ワーストを使うと「少ない記事ではない」という意味になっていまい、先ほどのランキングと同じになっちゃう!と思いまして。

いや~、それにしてもなんとも冴えないタイトルの記事だこと!読む価値なんてほとんどないので、リンク飛んでまで読まなくてOKです(笑)時間のムダになります!

ドベ1【1位】4月なのに梅雨のよう・・・今日はやっと晴れてくれました!

4月16日投稿  アクセス数: 5

なんとも悲しいアクセス数ですね。書いてから8ヶ月以上経っているのに、たったの5!それもそうです。内容がかなりどうでもいい内容ですから!・・・といっても、けっこう共感してくれる人は多いと思うのですがねぇ。

雨、誰だって嫌じゃないですか?2015年の4月は、毎日のように雨か曇りでした。天気に馬鹿にされているような気分になりました。そのせいで歌も暗くなりました。それに今年の冬は記録的な暖冬ですし、夏は冷夏だったそうですし、近頃、気候が変ですよね。

ドベ2【2位】作曲に初挑戦中!声楽(歌)作品を書いてワクワク!

1月21日投稿  アクセス数: 11

これはもう少し伸びても良かったのですが、SEO的な攻め方を間違えたかな。あ、独り言です~!

私タラッタは、3月に役者さんたちと共演する公演のために曲を使っていたことがあります。まずは演出家や共演者に色々聴いていただくために、何曲かを作りました。で、この記事は、単にそういうことを実行中という日記的内容です。

同時に、楽譜作成ツール(有料および無料のもの)の紹介もチラッと行っています。そして、実際に公演で使うことになった曲の “デモンストレーション” も、記事中にあるリンク先より聴けるようになっています。1月の記事なのに非常に寂しいアクセス数なので、興味がある方は是非アクセスを!

ドベ3【3位】ヨハネの福音書で英語を身に着けることを目的とした教材

4月27日投稿  アクセス数: 18

同順位の記事がありましたが、そちらは12月に書いたばかりのものだったので却下。このヨハネの英語教材の記事をドベ3位に選出しました。タイトルどおり、キリスト教の新約聖書であるヨハネ福音書を通して英語の聴覚学習ができる教材についての記事です。

特にクラシック音楽系の人や美術系の人は、キリスト教を勉強すべき機会が多いです。同時に、西洋人とのかかわりも割と多いでしょう(特に留学生)。となると、ニッチな教材ではあっても両方を一緒くたに学習できるのは一石二鳥というわけですね。

じっくり時間をかけて読まれた記事ベスト3

じっくり読まれた記事

じっくり時間をかけて読まれた記事は、アクセス数は無関係で、閲覧者の滞在時間が長かった記事です。解析システムの仕様や不具合により滞在時間が0:00になってしまってランクインできなかった記事も多数ありますが、それはその記事の運命なので仕方ありません(笑)

1位【1位】ワンナウトって、正しくはワナウトじゃない? ※2017年10月に削除

4月23日投稿  平均滞在時間: 00:09:38

野球では、よく「ワンナウト!」という言葉が使われます。英語で書くと “one out” ですね。しかし、英語の正しい発音に忠実に従うならば、「ワナウト」のほうがよりネイティヴに近い発音となります。

そもそも英語を日本語表記にすること自体に無理がありますが、やはり極力ネイティヴの発音に近付ける努力は怠ってはならないと思いますね。特に、私のように言葉を使う仕事をしている人は、こういう些細なところにも注意を払いたいものです。

2位【2位】唱歌「我は海の子」の現代語訳と簡単な解釈

7月29日投稿  平均滞在時間: 00:07:32

日本の文部省唱歌である「我は海の子」は、勇ましい日本男子の有りようをうたっています。しかし、戦争色もあって言葉も難解であるため、今では3番までしか歌われないのが通例となっているでしょう。いや、むしろこの唱歌自体知らない人も少なくないかも!?

そこでこの記事では、古語体である歌詞の現代語訳と解釈をお伝えしています。単にかっこよく歌うだけでなく、史実を掴んで今後の日本について考えるためのきっかけにもなればと思います。

3位【3位】飛行機恐怖症の克服は諦めたほうがいいのだろうか?

9月29日投稿  平均滞在時間: 00:07:14

私タラッタは飛行機恐怖症です。昔はそんなことはなかったのですが、今は「二度と飛行機なんか乗るか!」と考えています。私が音楽留学をキッパリ捨てたのも、これが理由のうちのひとつです。

本当は克服したい。だけどそのメリットは少ない。だったらいっそのこと開き直ってしまえばいい!・・・そういう考えに思いつきました。少し長い記事ですが、同じく飛行機恐怖症の人には是非読んでいただきたいです。

反響があった記事ベスト3

反響があった記事

反響があった記事は、Twitterやフェイスブックなどでのシェア数が多かったり、私に対しての直接のメッセージアクションをとっていただいた人の多い記事です。前者を1ポイントとし、貴重なる後者を20ポイントとして計算しました。中には、メッセージを頂戴していてもシェア数が足りずにランクインできなかった記事もあります。それはそれでその記事の運命ですね。

1位【1位】音楽が嫌いな人がいてもおかしくない

3月9日投稿  シェアあり・メッセージの頂戴

Twitterでもシェアされ、Facebookでは25いいねを獲得した記事です。たったのそれだけなのに、ここでは1位。というのも、この記事について ある人からメッセージをいただいたため(20ポイント)。その方はクラシック音楽が嫌いな人でした。メッセージのやり取りでは、お互いの考え方を伝え合うことができました。

クラシックに限らず、嫌いなものがあった場合は無理に好きになる必要はないし、それは全然おかしなことではありません。「音楽が嫌いな人なんているの?」と思っている人もいると思いますが、その考え方こそ浅はかだと私は思うのです。

2位【2位】名古屋で声楽を学べるレッスン教室(初心者、趣味向け)

5月12日投稿  シェアあり

名古屋圏で声楽のレッスンを受けたいなあと考えている方に、オススメの教室をお伝えする記事です。完全に私の主観や思い込みで選んでいるので、あくまで参考までにというスタンスです。ちなみに趣味や初心者向けですが、受験対策などしたい方を制限するわけではありません。

なお、ちょっと厳しい辛口アドバイスもしているので、そこもきちんと読んでいただけたらと思っています。ズバリ言うと、他力本願なら習うなということです。

3位【3位】歌詞を朗読することはとても大切なことなんです!

7月7日投稿  シェアあり

歌を歌うときに、歌詞の内容まできちんと味わって掘り下げている人は、想像以上に少ない気がします。カラオケひとつとっても、多くの人が声のことやカッコ良さとかばかり気にし、歌詞までは大事にしていないように思います。

でも、歌っていうのは基本的に歌詞ありき。そこには作詞者の思いがあり、歌詞に目を付けて音楽を作った作曲者の思いだって入っています。それを探るに、歌詞の朗読は欠かせないのです。貴方も、自分の気持ちを人に理解してもらえないと悲しくないですか?

タラッタが頑張った記事セレクト3

頑張った記事

この一年間で書いた記事の中で、当ブログ運営者の私タラッタが、時間と労力を費やして一生懸命作った記事です。だいぶ直感的に判断して選んでいます。是非これらは読んでいただきたいのですが、あまのじゃくな貴方はきっと読まないですよね!笑

ピックアップ【一】楽しくなる音楽を作ってみた!無料ダウンロードできます! ※2017年10月に改変

10月19日投稿

私が趣味で、ひとつの楽しい音楽を作ってみました。楽譜ツールを使って音を打ち込んで、それから細かな調整をしたりデータを変換したりダウンロードできるようにしたりと、手間暇かけて作った記事です。・・・が、アクセス数はクソ。これが現実です。

作った曲は「ワライジワ」という曲。ジャジーでゲームっぽい感じがし、ノリが良いと思っています。条件がちょっとありますが、ダウンロードデータを自由に利用していただくことも可能です。お気軽にどうぞ! ※ダウンロードサービスは終了しました。

ピックアップ【一】同じ言葉でも、シーンや感情によってこんなに変わる! ※2017年10月に削除 

1月6日投稿

例えば「ありがとう」という言葉。言い方ひとつで感謝にもなれば皮肉にもなります。言葉というのは実に面白いですね。内容よりも、そこに乗った感情のほうが相手に伝わりやすいのだと思います。だから、いくら良い言葉を発しても、嘘つきはバレる率高し!

この記事では、例文を用いて色々なバリエーションで音声を掲載しています。私の拙い演技ではありますが、何回も録り直ししたので是非参考にしていただきたいのです。特に、「悲し泣き」のバージョンだけはけっこうリアリティがあると思っています。ちなみにアクセス数はスズメの涙。

ピックアップ【一】音楽系ブログを立ち上げるのにオススメなサービスは??

3月26日投稿

現代はインターネットが非常に充実しています。自分の考えを簡単に発信できるし、論文の発表だって、日記を公開するのだって、自分を売り込むのだって、もっと言えば食っていくことだってできてしまう、素晴らしい時代ですね。

そこで役に立つ媒体こそ、ブログ。しかし、何も考えずにブログを選んでも失敗してしまうだけです。そこでこの記事では、音楽系のテーマでブログを開設したい人向けに、用途・ニーズを考慮しつつオススメのブログをご紹介しています。分析やまとめるのがやや大変だったので、是非ご覧になっていただきたいです!この記事も、アクセス数は多くありません。

頑張った記事ほど人気がないのはなぜだろう・・・(。-_-。)

投稿納め、そして歳末のご挨拶

これにて、2015年の投稿を終了いたします。この一年、なあなあではありましたが、更新を続けて来られたのは読者の皆さまのお蔭だと思っております。読む人がいなければ、絶対に成り立たないのがブログです。誰にも読んでもらえなければ、ワードや日記などに書いて終わりで良いですものね。

本当にありがとうございました。

2015年1月から12月31日正午までの総アクセス数は 122,000 を超えました。この数字は、他の著名なブロガーさんやスーパーブロガーさんに比べたら非常に少ないので、ここには載せたくありませんでした。

しかしクラシック中心の音楽分野自体、興味のある人の母数は多いとは言えないし、私の拙い攻め方によるブログとしては頑張ってくれたほうでしょう。私から当ブログに、心から「おつかれさま。2016年もよろしくね」と述べたいと思います。

なお、実は、このブログの前の前にやっていたアメブロですが、本日2015年12月31日まで生きてきました(更新はほぼ完全にストップしていましたが)。しかし、このたびすでに閉鎖処理が完了しました。これで本日~近日中には運営元より完全に削除されるでしょう。

一方、このブログの前に運営していた忍者ブログに関しては、2014年末頃にそのほぼ全ての記事をこちらに移転させたため、以前にすでに閉鎖しております。

というような状況でございます。

さて、2015年も終わり!次は2016年申年!当ブログは、いったいどのように展開していくのでしょうか!?最初のほうに書いた「真っ白」の自体にまた陥らないよう、気を付けつつ楽しく更新していきたいと思います!同時に、もっとシステムに強くなりたい!

では、また新年のご挨拶にてお目にかかりましょう。

☆良い御年を!!☆

年越し蕎麦

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.