アルトサックスの独学用教材で吹き方から名曲演奏まで

どうも、タラッタです!

今回は、アルトサックスの初心者向けの独学用教材を見つけたので、ちょっとご紹介したいと思います。「これからサックスを吹いてみたい!」「人前でかっこよく披露できたらいいな」という方は、ぜひご参考くださいね。

私自身は音大の声楽専攻出身で、これまでにサックスなんぞ吹いたことはない(テューバならありますが 笑)のですが、歌にしろピアノにしろ趣味ならば独学で十分に学べると考えているので、サックスでも同じことが言えるんじゃないかと思っています。

「なんだ。声楽家の意見か・・・」と思われた方はサヨーナラですが、「興味があるなあ」という方は、是非このまま読み進めてみてくださいね。

独学用教材で、吹き方から順番に学ぶことができる

人には、どうしても「レッスンに通わなければならない」といった固定観念があると思いますが、趣味でやるならまずその必要はなく、今回ご紹介する教材なら、レッスン同様の質のまま丁寧に学ぶことができるのではないかと思います。

まず、楽器というのは何でもそうですが、基本的な構え方が大事。ピアノで言えば座り方、歌でいえば立ち姿ですね。アルトサックスでは、まずはかっこよさを求める前に、構え方や吹き方をきちんと知る必要があるでしょう。

サックスを吹いたこともない人間が偉そうにすみませんが、実際にテューバを吹いているときも構えは大事でしたから、同様のことが言えると思います。逆に言えば、基礎ができていないと上達は困難で、名曲が弾けたりジャズでかっこよく吹きこなすのは無理でしょう。

今回ご紹介する教材は、サックス奏者である吉野ミユキさんの指導DVDが付いていて、基礎から順番に学べる3段階システムになっています。第1弾が入門編、第2弾がテクニック編、第3弾がジャズ入門編となっているみたいですね。

「楽譜が読めんのだけど・・・」といった悩みがある方もOKなように、簡単に読める曲から吹いていくことになるので、その辺も初心者に優しそうです。でも最終的には、『サマータイム』とか『ルパン三世』とかまで弾けることを目的としているようです。かっこいいですね♪

・・・とまあ、そんな感じで、非常に濃い教材です。ちょっと値は張っちゃいますが、趣味でもしっかりと学びたい方にはおすすめな教材ではないかと私個人としては思います。

ご紹介する教材はこちらです。
⇒ 【初心者向けアルトサックス教本&DVD 3弾セット】

とてもシンプルな名前ですね^^

レッスンとの違い

私自身はアルトサックスのレッスンを受けたことがありませんが、声楽やピアノのレッスンを基に考えれば、先生から直接受けられるというのがレッスンの最大のメリットですよね。

直接目で見てもらい、マンツーマンで指導を受けることになるので、あなただけに合った方法で丁寧に教えてもらえます。だから、プロを目指す人は、マンツーマンレッスンが欠かせないわけです。

ただ、レッスンにはデメリットもあって、

●いちいち教室まで通わないといけない
●交通費と時間と労力がかかる
●毎月(あるいは毎度)レッスン代が生じる
●先生との相性は運次第

といった問題が挙がります。プロになるならこれらは避けて通れませんが、趣味でやる方にとっては、大変大きな壁になると考えられます。

楽しくノビノビと好きな時間にアルトサックスを学びたい!吹きたい!・・・そんな方にとっては、いちいちレッスンに通うよりも独学で学んだほうが、気楽だし、効率良く上達できる可能性があります。気苦労もないし(^^;)

今回ご紹介している教材では、人前でアルトサックスの演奏を披露するレベルまでなら十分間に合うと思います。その先高度なテクニックを学ぶにはレッスン教室に通われたほうが良いでしょうが、それまでは、自分の上達がどんなものか、独学で様子を見ると良いでしょう。

他の独学用教材ではいけないのか?

アルトサックスの独学用教材は、楽譜ショップなどでもよく見かけます。値段的にもお手頃で、分かりやすく簡潔にまとめてあるものが多いですね。そういった教本を使うのも、ひとつ方法としてあると思います。

しかし、基礎から順番に丁寧に学べて、なおかつプロ指導DVDが付いているシステマティックな教材は、今回ご紹介しているもの以外にはなかなかないと思います。なので、趣味でもしっかり学んでいくという意思がおありの方は、今回の教材を手に取ってみると良いでしょう。

公式通販サイトはこちらです。
⇒ 【初心者向けアルトサックス教本&DVD 3弾セット】

あ・・・なお、今回のはアルトサックスの教材です。テナーサックスやバリトンサックスやソプラノサックスではありませんのでご注意ください。この辺の話も、上にご案内した公式通販サイトに書いてあります♪

まとめ

(繰り返しになりますが)私は声楽専攻出身者なので、今回のお話は半分くらい参考にしていただくようお願いしますね。サックス自体吹いたことがありません(^^;)

まあ、基礎から学ぶことは何事にも共通しているとは思います。基礎があやふやのまま過ぎていくと大変なことになります。声楽でいえば、いずれノドを壊したり、自分よりうまくないと思っていたヤツが急に成長したり・・・。

基礎ができていないまま来ると、再度基礎から学び直さねばなりません。しかも変な癖とか付いているので、それを取り払うのも大変です。だから、基礎・基本は肝心ですよ!

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.