バッハの本当の顔ってご存知ですか?復元されてるんですよ~

どうも、タラッタです!

前回の「「ヴィヴァルディって女?」と思ったその理由」につづき、今回も作曲家のお話です。

さて、小・中学校の音楽室の有名人であるJ.S.Bach(バッハ)さん。
私たちが今まで認識してきた彼の顔はこのとおり!

bach
 

ふを~~~偉大ですなああ!!我らが大いなる作曲家バッハ様でございますm(__)m

でも実は、こんな陰険な顔をしておきつつも子供に恵まれていたし、音楽だって本当美しいし、生徒のためにたくさんの練習曲を作っているし、とても大らかで優しい方だったのでしょう。

まあ、彼が生きていた時代には、やがてフォルテピアノ(要はピアノです)が登場するのですが、
バッハはそれをオモチャだと言ったそうです。

しかし後ほど考えを改めて、ピアノを認めたそうですが。

あ、そうそう。知らない方のために申しますが、
彼が生きた時代の鍵盤楽器って、オルガンやチェンバロといったものが主流だったんですよ。

だから、バッハの有名な「インベンション」とか「平均律クラヴィーア曲集」って、本当はピアノで弾くのは当時ではありえなかったんです。これらを弾くなら主にチェンバロですね。

現代ではピアノが主流なので、多くのピアニストがバッハの曲をピアノで弾きますが、私としては腑に落ちません。

ちなみに、有名なバッハのメヌエットってありますが、ご存知ですか?「レーソラシドレーソッソ」(ソードレミファソードッド)ってやつです♪

あれ、実はペツォルトという人が作ったと言われていて、バッハではないことが分かっています。・・・どうです?ビックリ?(^^) まあ、あれもチェンバロで弾くとシックリきます。

さて、偉大なるバッハ様ですが、本当の顔をご存知ですか?

私は最近知りました。いや、本当の顔って言ったって、当時は写真の技術なんてまだ無かったので100%本当ではないというのが事実ですが、研究でだいぶ明らかになっています。

バッハの頭蓋骨などから分析したそうです。

どんな顔かというと、ズバリ、優しい顔です!

私たちのバッハのイメージは、学校の音楽室のイメージかもしれませんが、見事、そのイメージを覆すような顔です。

上に貼ったバッハの顔をイメージしながら色々な曲を聴いて、私たちはバッハを神格化してきたのですが、本当の顔を見れば、「ああ、同じ人間なんだな」って感じ。

どことなく安心感があります。人も良さそうで(^^)

子だくさんである上に、教本もいっぱいあるのは、何だか納得できます。そんな顔。

でもでも!!

良く見ると上に貼った肖像画と似ているところが多々あります。

全体的なオーラは違いますが、やっぱりバッハです 笑 ただ目元がちょっと違うかな。でもイライラしているときは上に貼った肖像画みたいになるかも?です。

・・・さあ、そろそろお見せしましょうか。

あ、でも、人によっては「全然似てない」と思うかもしれません。というか、そっちの意見のほうが多いと思います。

それと、今あるバッハのイメージが崩壊しても知りませんので、自己責任でご覧くださいネ♪

それではいきます!

↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
びっくり


あ、スミマセン!!間違えました!!!!

こっちでした。

 ⇒ ここをクリック

もったいつけてすみません。もし見られなくなっていたら、お手数ですがネット上で検索かけてみてくださいね。

では、今回はこの辺で!

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.