「言語」の記事一覧

【男編】あなたの一人称は、私?俺?僕?自分?それとも…

どうも!タラッタです。 今回は、ふと一人称について思い付いたので、それに関する記事をちょっくら書いてみました。 では早速、まずはアンケートからとりたいと思います!普段の “ 話し言葉 ” での一人称に関するアンケートです・・・

声楽家、歌手、歌い手、シンガー、ボーカリスト 違いは?

どうも!タラッタです。 ふと思いました。声楽家と歌手と歌い手とシンガーとボーカリストの違いって何だろうな?と。あなたもそうですか?そうだからこの記事を開いたんですよね(^^) というわけで、今回はこの5つの違いについての・・・

間違えやすい日本語の例と、間違いについての私の考え

どうも、t痛ッ!肘が当たった・・・あ、すみません、気を取り直して・・・どうも、タラッタです! 声楽をやっているからこその性分でしょうか、私はよく言葉について考えます。普段、何気なく使っている言葉も、正しいかどうか考えなが・・・

ヨハネの福音書で英語を身に着けることを目的とした教材

どうも!タラッタです。 前回、前々回と続き、今回もまた言語ネタです。次回から音楽ネタに戻したいと思いますので、お許しください。とは言っても、今回は音楽をやっている方にも馴染み深いお話かもしれません。 タイトルにもあるよう・・・

“言う”は「いう」だが「ゆう」と読む

どうも!タラッタです。 いつの時代も言葉は変化していきますが、乱れた言葉のほうが優勢になれば、やがて正式になります。 それにかこつけて、自分の無知さ・無教養さを正当化するのは非常に恥ずかしいこと。現在における正しい言葉を・・・

音楽は音を楽しむこと…というのは間違い?本当の意味って?

どうも、タラッタです。 「音楽」という言葉は、文字通り「音を楽しむ」と書きます。 …といった論は、至る所で目にしたり耳にしますが、これっておかしいと思いませんか? 「音を楽しむ」とするならば、「楽音」と表記すべきですよね・・・

現代語でも、歴史的仮名遣いや古語を意識した歌い方を!

どうも、タラッタです! さて、今日は私の専門的なお話をしましょう。 日本語の歌(日本歌曲など)を歌う際に、どのようにして歌詞を歌えば自然な日本語として歌えるか、また、言葉を生かして歌うことができるのか、です。 クラシック・・・

「歌わせて“いただきます”」という言葉の乱用が嫌い

どうも~!タラッタです。12月もついに半ばになってきました。あっという間ですね! さて、今回は、「いただきました」とか「いただきます」という言葉が嫌いじゃ~!っていうお話です。 よくfacebookとかのSNSを眺めてい・・・

日本語の母音は5つだけではないはず

こんにちは。タラッタです。 今日は、 日本語(標準語)の母音についてのお話です。 前回とはテーマが全然違い、すみません。 思い付きで書いたりしますので(^^;) さて、 日本語といえば、 小学校の教室に貼ってあるひらがな・・・

名古屋人は「えびふりゃー」と言うか?

どうも、タラッタです! 風が強くなったと思ったら、ぐ~んと肌寒くなりました。 風邪引かぬよう、要注意ですね!! さて、今日は面白いお話をしましょう。 お昼にエビフライを食べたので、その話でも 笑 タイトルにもありますが、・・・

サブコンテンツ

クリックでD.C.