演奏家は誰のために演奏しているの?

どうも、タラッタです!

ブログ移行して2日目。

驚かれた方もいらっしゃるといけないので、
一言謝りたいと思います。

いきなりすみませんでした。。。

黙っていて申し訳なかったです。
でも、サプライズ作戦としたかったので黙ってました 笑

念のためもう一度言いますが、
旧ブログ(薀蓄帖)は残してあるので、
よかったらのぞいてみてくださいね。

 >>音大出身の男の薀蓄帖<<

※加筆 さらに引越したので、↑旧旧ブログとなりました 。
※さらなる加筆 2015年12月に閉鎖しました。

さて、
最近私が思うこと。
いや、前から思っていたかもしれない。
(たぶん同じようなこと どこかで書いた 笑)

演奏家は誰のために演奏するの??

ということです。

人に同じ質問をしたことがありますが、
よく返ってくる答えは、

「自分の演奏をきいてくれるお客さんのため」
「でもゆくゆくは自分のため」

といった意味合いの言葉です。

はてさて、あなたはどう思いますか??

もちろん、人によって考えはさまざまなので、
答えはありません。

人の生き方にケチをつけるようなことは
したくないです。

しかしその反面で、
それはなんかおかしいんじゃないの?
って思ってます。

特に「自分のため」というところが。

結局は見返りを求めてるのかよ!!
って思うのです。

人間誰しもそうでしょう。
見返りを求めない人なんていません。

けれど、
見返りを求めない自分だって存在するはずです。
少なくとも私にはそういう自分が宿っています。

そいつが原動力となって、
私は演奏したいという意欲がわくのです。

「感動してもらいたい」
とか
「幸せになってもらいたい」
とか、

そんな綺麗事を考えているんです 笑

しかも、

「下手でイイんだ。まっすぐな歌を歌おう」

と考えることもあります。
 (武田鉄矢のうたにもありましたが、
  ご存知ですか?笑)

まあ、曲によっても、
演奏の際のコンセプトによっても、
考えは異なってきますがね。

正直、

愚かでしょ????wwwww

そんな絵空事かなうわけないだろば~か!

って思いますよね??wwwww

でもいいんです。

それが私ですから!

そこは私のもう半分、
”自分を大切に思う自分”
が許してくれてます 笑

あなたも、
きっと、信念とか思いとか、
たくさん持っていると思います。

それがあなたの個性ですから、
ぜひ、大切にしてあげてください。

・・・・なんか話がそれましたが(笑)、

演奏家は誰のために演奏するの??

この問いに答えはないし、
時と場合によっても変わってくると思います。

これからも自問自答していきたいと思います。

どしょっぱつからうざったい記事になりまして、
すみませんでした!

また不定期で更新していきますね☆

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.