フェリス・フラウエンコーアの美しく洗練された音楽!

どうも!タラッタです。

このあいだ、フェリス・フラウエンコーアが歌っているのを映像を通して初めて聴いてみました。フェリス女学院大学音楽学部演奏学科声楽専攻の在学生・卒業生の成績優秀者で結成された女声合唱団だそうです。

(ちなみに、モデルでタレントの桐谷美玲さんもその大学の出身です!)

フェリス・フラウエンコーアは、BS-TBS『日本名曲アルバム』等にも出演し、日本の唱歌などを中心に歌っているみたいです。恥ずかしながら、今まで存じ上げておりませんでしたが、大変素敵な合唱団ですね。

容姿もハーモニーも綺麗!好きでない曲が好きになった

まあ最近知ったばかりなので詳しいことは分かりませんが、とにかく綺麗。何が綺麗って、そりゃ容姿(笑)・・・もですが、ハーモニーが、です。なんか落ち着いて聴けるんですよね。

私は、音大出身者の日本の歌にはあまり期待していない人間で、フェリス・フラウエンコーアのを聴く直前は「ふっ、どうせまた一人ひとりがオペラチックに歌ってハーモニーが喧嘩するんだろう」とふてくされていたのですが、うむ、違いましたね。

例えば“故郷を離るる歌”。これを聴いた瞬間、「うほっ、ほおぉ~」って感じでした♪つまり、声が溶け合い、喧嘩もせず、一種の賛美歌のような印象がありました(←ここ、フェリスらしい!って思いました)。

“故郷を離るる歌”は元々あんまり好きじゃなかったんですが(だってメロディーが蛇みたいで変だもん)、フェリス・フラウエンコーアのを聴いてから好きになりました。「こんなに素敵なメロディだったっけ?」と。まあ、編曲してあったり合唱になっているという都合もあるのかもしれませんが。

合唱といっても曲中で重唱を取り入れていて、それも面白いなあと思いました。一人ひとりの歌声をわずかながらに堪能できます。皆さん一人ひとりのソロ歌唱も聴いてみたくなりました^^

一方で、気になる点とは・・・

先述のように良かった点が挙げられる一方で、やはり合唱だからか、綺麗すぎるくらいにまとまっている感が否めないのも事実です。

曲によっては、野暮ったさとか土臭さみたいなもの、ひいてはドラマチックさとかも欲しい気がしました。まあ私の好みです(^^;)でもそれをしたらフェリス・フラウエンコーアの可憐な雰囲気がかき消されてしまう気もして・・・。良い意味での雑さは、ソロでないと表現できないのかもと思いました。

私がそのように思うということは、きっとメンバー間でも色々議論があって苦労・工夫されているのかもしれません。私が口を出すところではなかったですね。

というようなことを考えながら、しみじみと歌声を聴いておりました。とにかく、これからどのように成長していくのか楽しみです♪

・・・あ、なんか偉そうに評価してごめんなさい。ウザいッスよね(汗)もしメンバーの方がこの記事をご覧になっていたら、とてつもなく恥ずかしい次第であります(^^;)どうかお許しくだされば幸いです。

フェリス・フラウエンコーアの歌声が聴きたい方へ

あまりに美しいので(べた褒めしすぎかな?^^)、是非皆さんにも聴いていただきたいと思います。

Youtube等にも動画がUPされていると思いますが、それをご紹介するとタリラリ権の侵害の片棒を担ぐことになってしまいかねないので、あえてご紹介しません。何らか方法でお聴きになる際は、自己責任のもとでお聴きくださいませ。

・・・で終わると不親切なので、一応CDをご紹介しておきますね。

Amazonで「フェリス・フラウエンコーア」というキーワードで検索をかけてみると、『教会福音讃美歌Vol.1―礼拝を豊かに―』といったCDが出てきました。オムニバスですが、これにフェリス・フラウエンコーアの歌っている曲が入っているようです。

そのCDは実際に購入したわけではないので、詳細とか感想はお伝えできませんが、一応あるよーということで、ここにご紹介しておこうと思いました。興味がある方は是非♪

購入はこちらから♪
 

 教会福音讃美歌Vol.1―礼拝を豊かに―

↑ちなみに、2015年4月8日現在、残り1点在庫ありとのことです。もし売り切れていたら、楽天のほうでも検索なさってみてくださいね。

⇒ 楽天市場

まとめ

今回は、フェリス・フラウエンコーアを聴いた感想やご紹介でしたが、いかがでしたか?ずばり、一度聴いてみると良いと思います。

好き嫌いは分れるかもしれませんが、素晴らしい合唱団であることは否めません。日本の歌に精を入れている姿も、私にとっては非常に感心せずにはいられませんね。CDとか色々出してくれたら嬉しいな♪

日本の歌の若き合唱団といえばフォレスタとかも有名ですが、それとはまた違った趣があります。良かったら聴き比べてみても面白いかもしれません♪個人的には、どちらが好きかというと・・・、まあ そういう話はご想像にお任せしたいと思います^^

⇒ フェリス・フラウエンコーアの公式ブログはこちら

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.