普通の人か変わった人か、どっちがイイですか?

普通の人と変わった人

 

パソコンで閲覧しとる人!
右まで貫通したデッカイ画像、いきなりスミマセン!

わざとですwww

(ちなみに、 スマホでは自動的にリサイズされとると思います)

さて、あなたは、普通の人と変わった人、どっちのことをイイな~って思いますか?

定義づけ

まず、定義だけハッキリさせておきたいですね。

  • 普通の人 : 周りともうまく打ち解け、冗談や真面目な話などうまく使い分けて、特に人間関係に困らずに、フツーに悩みも持って、好きなものはまあ好きで、ある程度流行にも乗り、偏執的な傾向もなく、そこらじゅうにいそうな量産型のような人。
  • 変わった人 : 周りとはなかなか馴染めず、冗談を言ってもぶっ飛んでいて、真面目なときはありえないくらい神経質で、人を選んでしまい、悩みは人それぞれで、好きなものはとことん好きで、流行に逆らい、何かに強いこだわりを持ち、ちょっと異様なオーラを放っている人。

↑ここから分かるとおり、別に個性的かそうでないかという話ではありません。「普通の人」でも個性的な人はおるし、「変わった人」でも個性的とはちょっと違う人がけっこうおります。

おるでしょ?よく見たらけっこう個性的な気がするのに、同じ世界(土俵)に生きとるような人。空気を読み、個性をまわりに理解してもらえるような人。

そういった人は、ここでは「普通の人」とします。

一方、こんな人もおらんかね?見た目はノーマルっぽいけど、いざ喋ってみると、いきなりジョーク(または想定できないようなぶっ飛んだ話)をかましてきて、「こっちがどんな反応したらええのか分からん」という状況に持ってっちゃう人。

そういった人を「変わった人」とします。

そう、いきなりデッカイ画像を貼り付けるような私も、どっちかといえばこの部類w 以前の記事「ノートパソコンが180度どころか120度までしか開かない!」を読めばちょっと分かると思いますw

 ※ なお、画像はフリー素材サイトからいただきました。どっかから盗んだわけではないぞ!その辺のことはキッチリしとるでな私。でも、「普通の人」に限って、「著作権侵害したってバレなきゃええんだよ」って考えとったりするで、タチが悪いw

ではここから、「変わった人」代表として、私が日頃の些細な悩みを打ち明けてみましょう。

「私=変わった人」の些細な悩み

とにかく、他人から見たらどーでもええ悩みかと思います。

「変人です」と自己紹介しても誰も否定してくれない!

黙っとると「コイツ、自分が変わっとることに気付いとるんかな?イタい奴だな」と思われる可能性があるため、自己紹介・・・というか自分の話をする機会があるときは、先に自分を「変人」と言っちゃいます。

ま、初対面の人にそれを言うと それこそ「変な奴だ」と思われかねないので、ちょっと打ち解けてきた人に対して言ったりします。

そのときは、「いやいや、そんなことないよ」と言ってもらいたいという淡い期待を抱きます。「アタシと仕事、どっちが大事なの?」と彼氏に尋ねる女の子みたいにw

 ↑ ほら、こういうたとえを使うで「変わった人」だと思われるんですよ私。・・・あ、あなた今、「ソレ(アタシと仕事…の愚問)とはちょっと違うんでない?」ってマジメに考えませんでした?もしそうならあなたは「普通の人」。

でもね、案の定、期待する答えは返って来んのだ。うなずかれたり、表情で「そうだね」って言われたり、「否定はしませんが…」と言われたりするオチなんですわ。

そこはお世辞でもええで「違いますよ!」って言ってくれってんだよ、ったく!w

自分では普通にしとるつもりのときに限ってうまくいかない!

今は半ば開き直って、先ほどの画像のようにわざと変な事しとるわけですが、一時期、ほんとにマジメに悩んどったことがあります。

「普通」っていっても幅が広いですが、まあ、自分が思うところの「普通」をイメージしつつ、自分の行動・言動をそれに近付けようとしとったことがあります。

服もある程度オシャレして、喋り方もなるべく明るいノリの良さそうなトーンにしようとしました。

が!・・・逆効果だったか、それで変人というレッテルは剥がれなかった・・・ばかりか、近付き難い変なオーラを放つようになってまったんです。たぶん自然体に見えなかったんでしょうね。笑顔も不自然で(^^;)

・・・え?それは君の思い込みじゃないかって??

よし、百歩譲って思い込みだとしよう。でも、↑このような考え(発想)こそ普通ではないと思いませんか?

↑と質問する状態も普通じゃないですよね?w

↑と また質問する状態も普通じゃないですよね?ww

てか、ここまで読んで、私のことを「普通の人」と思えますか?思えませんよね?

なのに私ったら「普通の人」に憧れもするわけだで、やっぱり「変わった人」なんですわ。逆に「君は普通の人だよ」って言われると「ちがう!変わった人だよ!」って言いたくなる、だいぶめんどくさ~いアマノジャクさんでもありますw

↑ ほら!ここまで読んだら、私のことを「普通の人」とは思えませんでしょ?「普通の人」だったらね、こんなブログさえ書きませんわw

あら、あなた、困ってる!オホホホホホホホホ!オ~ッホッホッホッ!!笑

至るところで変な視線を感じる!

お店とか行ってもね、店員がおどおど接してきたりするんです。体験レッスンでもね、生徒さんが「この人ダイジョーブかな」といった目で見てくることもあります。

ビジネス視点で考えたら、これは正直致命的。やっぱり、初対面の人には安心感というものを与えたいものです。

だけど「そうしなきゃ」と気負っちゃうと、緊張しとらんはずなのに「緊張してますね」と指摘されたり、ちょっと奇異なものを見るような目で見られたりする。

するとそこで、私はなぜか必要以上に相手の心を察知しちゃって、「やっぱこういうオチか」とひとり勝手に凹むんですよね。

今だって、あなた、正直私のこと「変な人」って思ってますでしょ?いや、ええんですよ。今はわざと変な風に書いてますからね。

でも、至ってマジメなときにも同じような反応をされたら、私は「今までの人生の中で、いったいどこに欠陥があったんだろう?」って、生真面目に考えちゃうんです。

まあそれでリストカットしたりすることは断じて無いのですが、この記事のように、悔しさや憎しみをアウトプットしてまうことがあるんですよね。

でも、一応音楽家という身なので、「普通」という言葉が嫌いでもあり、そのせいで、たぶん「普通の人と思われたいが、いざそう思われたら変わった人と思われたい」といった葛藤が生じるんだと思います。

・・・え?それは間違った分析だって?

ええんです 別にトンチンカンな分析でも。
他人の不幸は蜜の味って言いますよね?上の内容を読んで、「こいつはバカなやつだ」と笑ってくれて、メシがおいしくなればそれでええんです♪ というか、それを目的として書いてるんですから。

ほら!!やっぱり私って変人~!!w

空気が読めないわけじゃない!

「変わった人」とか「変人」とかいうと、空気が読めないイメージがありませんか?私がこれまで奇異な物を見るような視線を浴びたのも、きっと周りと私の空気が違うからだったと思うんです。

その場の空気にうまく馴染めず、・・・いや、自分では馴染んどるつもりだが、はたから見たら馴染んでないことが多く、浮いたような存在になっとったりするわけです。

あなたは、そういう人=空気が読めない って思い込んでません?もしそうならいかんね。そうでないならナイス!

私はね、一応空気が読めとるつもりです。てか、きっと読みすぎてるくらいです。必要以上に感じちゃうんですよね。さっきもちょっと言ったけど、相手の心の中まで、だいたいの感情とか顔色で分かっちゃうんです(外れることもあるけど)。

するとね、なんか独り相撲しとるような気分になる。で、アタフタしたり、「空気を良い方向に持っていきたい」という強い気持ちが働いて、いきなり変なジョークや突拍子もない話をぶちかましたりしちゃうんです。

で、結果、空気を壊して痛々し!!・・・です。

逆に、こういうこともあります。わざと空気を壊して面白くしちゃえ!ということです。このときは、割と冷静な気持ちであることが多いです。

・・・え?その「わざと空気を壊す」という行動自体、その場の空気を読んでない非常識的行為ではないかって??

こッ、こまけーことはええんだよ!いちいち突っ込まなくてええの!

こッこッこッ♪♪ にわとりこッこ♪♪ ピ~ヨピヨッ♪♪

・・・すみません。なんでもないですm(__)m 申し訳ございませんでした。

・・・・・

↑ うん、こんな感じですね。空気を壊すって。

ブハハハハハハハハハハハハハハ(≧∇≦)ハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!

「ちょっと変わった人」と付き合いたいものだ

「普通の人」って、安心するし、結婚するならそういう人のほうがええかな~って思っとります。だって、私がこんな感じだで、やっぱり釣り合いがとれないと老後まで協力して生き抜くことができねーがや。

でもね、友達として付き合うなら、「ちょっと変わった人」がええわ。普通はつまらん。多少空気が読めなくても、あるいは読めてもぶち壊そうとしてくるような奴でも、“ 個性的ではあるが普通の人 ” よりは断然楽しいはずです。

「ちょっと」と付け加えたのは、やっぱり肝心なときには普通であってほしいから。仮に葬式とかでバカ騒ぎされてもちょっと困るし(まあそういう空気壊し精神は嫌いじゃないけど)、悩みの相談のときにまともに話を聴いてくれないのは嫌です。

だで、何と言いましょうか。“ 真面目・普通という基本を知っとりながらも、日常では、なぜか自然に変人になってしまうような人あるいは変人になってくれる人” がええんです。ちょっと浮いたキャラであったほうが、私の仲間みたいな気がするもん♪

なお、当然価値観とか趣味とか理解し合えれば、のお話ですよ(^^♪

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.