音楽家って犬好き?猫好き?ではあなたはどっち?

どうも!タラッタです。

ふと思ったのですが、音楽家って犬好きが多いのでしょうか?猫好きが多いのでしょうか?私は犬のほうが好きです。特に中型以上の犬は可愛いですね^^あなたはどうでしょうか?

というわけで、とりあえずアンケートをとりましょう!音楽家じゃない方もお気軽にご投票ください。

どっちのほうが好き?

  • Loading ... Loading ...

    業種別でみる、犬派と猫派

    面白い統計データを見つけました。20代の働く人2500人にとったアンケートらしいのですが、以下のようなデータがあります。

       犬派   猫派 
    事務/アシスタント系

    65%

    35%

    クリエイティブ系

    61%

    39%

    販売・サービス系

    66%

    34%

    IT

    55%

    45%

    ※ データは「キャリアコンパス」を参照して 抜粋 しています。

    「音楽家」という項目はありませんでしたが、あえて近いのは「クリエイティブ系」(特に作曲家とか)かと思い、載せてみました。参照サイトには他にも色々な業種が載っていましたが、どれも犬派が多いという結果でした。

    上とは相反するデータもあります。

    カリフォルニア大学バークレー校とカリフォルニア州立大学イーストベイ校の科学者による研究として、インターネット上で募集したアメリカ各地のペットオーナー1000人以上にとったアンケートがあり、次のような結果が得られたそうです。

    調査の結果、猫を飼っている人は「クリエイティブで冒険好き、心配性」の傾向があり、犬を飼っている人は「外交的で安定志向、リスクを避けたがる」傾向があるということがわかった。

    引用元:ハフィントンポスト日本版

    参照した引用元サイトには具体的な数値がありませんでしたが、どうやら先ほどの結果とは異なっていますね。先ほど、クリエイティブ系は犬派が多かったですが、今回は「猫派はクリエティブ」のようです。調査対象が違うせいでしょうか。

    まあ、データをお見せしたところでどうにかなることはないですが、一応参考までにご紹介しました。

    私が思う、犬派と猫派

    「犬派だからこう」「猫派ならこう」と決めつけるのは好きではないですが、もし大きくカテゴライズするとしたら、犬派はアウトドア派で猫はインドア派というイメージがあります。

    私はインターネット中を渡り歩いて色々なサイトや掲示板を眺めていますが、猫を取り扱った記事って、ネットユーザーにすごい人気があります。また、猫のことを「ぬこ」と呼んでいたり、「にゃんだふる!」とか「にゃんとも…」といった言葉も見られます。

    犬と違って猫は記事のネタにされやすく、また実際に猫に関しての愛着ぶりを見ると、ネットユーザーって猫派が多いのかな?という気がします。ごく一部には過剰なまでに猫を愛でる人もいて、そういう人は「猫愛護」、もっというと「猫愛誤」と揶揄されていたりもします。

    一方、割とアナログでの付き合いが多い芸能人やモデル、そして私の知り合い(音楽関係)たちは、犬派が多いといったイメージですね。ネット上に犬ネタがあっても、猫派が猫ネタで盛り上がるほど盛り上がりはしない印象があります。

    そういえば、『Yahoo!知恵袋』に面白い質問がありました。ご紹介しましょう。

    -----

    Q. 「犬派ですか。猫派ですか。

    この質問についた回答(計10)のうち、犬派が3人、猫派は7人(質問者を入れると8人)で、猫優勢です。

    Q.「犬派ですか?猫派ですか?

    この質問についた回答(計7)のうち、犬派が4人、猫派は3人(質問者を入れると4人)で、引き分けです。

    Q.「犬派ですか。猫派ですか?

    この質問についた回答(計43)のうち、犬派が10人、猫派は23人(質問者を入れると24人)、その他10人で、猫優勢です(曖昧な回答もあり、数え方により人数が前後します。が、どのみち猫優勢です)。

    -----

    以上の分だけ合計すると、全63人(回答者+質問者)のうち、犬派が17人、猫派は36人、その他10人という結果です。何ですかこの「猫さ」は。

    これだけで決めつけるのはあれですが、濃厚なネットユーザーが多い『Yahoo!知恵袋』には、どうやら猫派が多そうですね。ネットユーザー「全体」にこれが当てはまるかは微妙ですが、あながちイメージ通りの結果です。

    結局、音楽家はどうなのか

    すみません。音楽家には犬派が多いか猫派が多いか、しっかりとしたデータがないので分かりません。ですが、イメージ的には犬派が多い気がします。

    でも、それは友人や同級生を見てのお話。仮に猫派にインドア人間が多いとすると、そういう人との接触が少ないうえに、性格的にもあまり大きな声で「私、猫大好きです!」とは言わなそう。なので、実は知り合いの中に猫好きが多く隠れている、という可能性はあるでしょう。

    犬好きの人は分かりやすいです。SNSに飼っている犬をアップしたりしていますし、「犬好き」宣言を大っぴらにしていたりしますからね(笑)

    ま、何度も言いますが、あくまで“イメージ”です。私の主観ですからお許しください。

    ちなみにですが、私は「犬」のほうが好きですが、インドア人間です!…だから言ったでしょう?“インドア=猫、アウトドア=犬”っていうのは、あくまで大きくふたつにカテゴライズしたときの話だって(しかも主観的に)。

    最後に

    変な記事で失礼いたしました。でも、ちょっとでも楽しんでいただけたなら、それで私は嬉しいです。

     
    スポンサーリンク

    >> 全記事一覧はこちら <<

    サブコンテンツ

    クリックでD.C.