Googleが大規模の健康サイト検索アップデートをしたが!

Googleが健康サイト検索アップデート

2017年12月6日、ネット界では大激震が走りました。

サイトを運営しとる人なら、大方知っとるものと思われます。

そう、Googleの検索結果アップデートの件です。

私もびっくりした大規模なアップデート

まずこの記事を読んでみぃ♪

⇒「Googleが医療系サイトの評価方法をアップデート 情報の信頼性が高いサイトが上位に表示されやすく」(ねとらぼ)

医療や健康にまつわるサイトの整理が行われたようです。これは、サイトの一運営者である私としては、大ニュースともいえる大規模アップデートです。

簡単に言うと、

「信頼性が低く有益でない健康ページを検索結果上位に出さんようにし、専門家や医療関係者たちが書いたような、信頼性が高く有益なページ、なおかつユーザーにとって分かりやすく書いたるページが上位に出すようにしたんで、そこんとこよろしくー!」

というアップデート。

以前のWELQ問題(知らん方は調べてちょ♪)を受けてのクリティカルヒットとも言えましょう。だで日本だけのようです。

JASRACが音楽教室からも包括的に著作権料を徴収しようとしとる、というニュースよりもびっくりしました。その件についても色々思うことがあるけど、ここでは割愛。

検索したら、たしかに結果が変わっとった

試しに「喉 痛い」で検索してみましたが、医療系の通販やメーカー、学会、診療所などのサイトが上位を占めとりました。Twitterで色んな人の声を見とると、他のキーワードでも、行政機関などのページが出てくることもあるようです。

たしかに、信頼性が高そうなサイトが占めるようになりました。どこから情報を得たのかよう分からんサイトは、複数の細かいキーワードで検索しん限り、あまり上位には出てこんくなったみてゃーです。

今はまだある程度不安定なのかもしれんで、今後の変動が気になるところですわね。

ちょっと懐疑的に思う私

そもそも、私はこのアップデートに関してはやや懐疑的です。

「信ぴょう性」っていうけれど、その評価はどういう基準で行っとるのか?本当に改善といえるのか?

行政・教育にかかわりを持つ運営元であればええのか、医師や薬剤師などが運営して「いそう」 ならええのか、とにかく情報が多くてなおかつ分かりやすい言葉で書かれとればええのか。

たぶん複合的・多角的に評価を下しとると思うんですけど、どうもね・・・。

明らかに正しい情報しか評価されないのかどうか

例えば、医療界隈では常識だと思われとる情報があるとしましょう。そういった情報は、かねてより、ネット上で広く流布しとって、信頼もされとるはず。

そこで異論のような情報が出てくるとする。これまでは、きちんとコンテンツがまとまっとれば、一意見として検索上位に上り得た。

しかし、もし「常識・非常識」という基準でデータのふるい分けをすることになったんなら、常識に対峙する異論や、違った見方による情報や別の側面を排除することになりますよね。だって、誰からも信頼されず、トンデモ理論に見られかねんのだでね。本当はすっごいことなのかもしれんのに・・・。

だで今後、一般論を書かれたサイトしか出てこんくなるってことになる。個人(素人)の個人的見解や意見、経験に基づく井戸端会議的アドバイスは抑圧される、ということになってまうってわけです。

・・・う~む、考えすぎかな?

信頼できる人の発言かどうかの判断はどうやって

一方、医師や薬剤師などが運営して「いそう」な場合にサイトの評価を上げるなら、嘘ついてそれらしく構成すればクリアってことになってまう(もちろんそれはNG行為ですけど)。

それか学会や登記簿に名前・名称があればええ?・・・だとすれば、そういうところに名前が無い専門家はどうなってまうのでしょう?

そもそも専門家とは?健康について述べる人間は、それを大学で学び、称号や資格を持っとらんとかんのか?仕事に従事しとらんとかん?例えば私のような演奏関係者は、演奏者としての目線から健康のことを大真面目に語ったらダメ?

素人であっても、一生懸命勉強して、専門家より頼りになるような人もおる。プロの視点を持っとらんでこそ、ユーザーの目線でアドバイスできる、なんてこともある。

むしろ、音楽の世界って不思議で、趣味で学ぶ素人さんのほうが、音大出身者よりも正しい知識を豊富に持っとり、何倍もの熱意を持っとることさえある。そういう人は、信頼できせんかね?

ただ広告貼り付けて儲けれればそれでええ!っていう人は、そりゃ清められて当然です。どの業界にも、そんな人は邪魔にしかなりません。

けれども、「○○の立場から語るよー」ときちんと宣言した上で情報提供しとるんならば、広告収入はあるべきリターンだと思うし、そういったマネタイズは一ビジネスとして普通なことだと私は思います。

(まあ、嫌儲主義者からしたら、ネット上でそういったビジネスを展開すること自体、心理的に許せんのだと思いますが・・・。)

今後も様子をうかがっていこう

話を戻すと、今回のアップデートについては、そういった評価基準がよう分からんのと、本当にコレでええのか?といった思いが私にはありますね。

ただ、まだ技術も進歩の途中だろうし、アップデートをしたからといって、すぐに理想的な検索結果になると思いません。これからどんどんユーザーのための検索結果になってくのではないかと思います。

・・・あ、今「ユーザーのための」って書きました。たぶんGoogleはデータに基づいてアップデート等しとると思うんですが、少数派って、こういうときどうなるのかな?

「喉 痛い」って調べたとき、もしかしたら『喉、痛い』っていうタイトルの物語を探しとるかもしれんよね!?(そんな物語が実在するか否かは知りませんがw)

音楽やっとると、それと似たようなことが往々にしてあります。「こんなん探しとるんじゃねーよ!」って、駅とかで思わず口に出してまうことあるもん(^^;)

マイナーすぎるものとか少数派は、やはり肩身が狭いのかなあ。

さいごに

今回のアップデートで枕を濡らしたのは、ネット社会全体から見ればほんの一部分の人だけだと思うけれども、医療・健康、その他それらに関連する情報を取り扱っとる人たちは、相当数ござらっせることと思います。

中には死活問題に陥ってまった人もござらっせるでしょう。真面目にコツコツやってきた人が、ある日を境にそうなってまうのは、本当気の毒で、不憫に思います。

一寸先は闇といえる出来事だといえます。

きっと、音楽関係者にもおると思いますよ。一演奏家の見地から健康情報を提供しとる人でも、「信頼できん」と烙印を押されたらアウチですもんね。

でも、ピンチはチャンスともいいます。何か変わるべきときなんだという、Sっ気のある神様からのお告げなのかもしれませんね。

それと、今回は医療・健康分野に限ってのアップデートだったようですが、今後は他ジャンルにも広がってくんでしょうかねぇ?神のみぞ知る、いや、Googleのみぞ知る、ですね!

以上です。にんにん♪ 

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.