お母さん、子供にピアノをムキになって教えてませんか?

どうも!タラッタです。

子供をピアノ教室に通わせながらも、お家での自主練習に口を出すお母さんはけっこういます。過去にちょっとピアノをかじったことのあるお母さんに多いイメージですね。もちろん中には音大出身者もいるかもしれませんが。

いずれにしても、きっと子供に対して「ピアノを弾けるようになってクラスで一番輝いてほしい」「私ができなかったからピアノを弾けるようになってほしい」という思いがあったりするのでしょう。子供が女の子だったら「立派で素敵な女の子になってほしい」という願いもありそうですね。

でもちょっと考えていただきたいのです。本当に子供はピアノが好きかどうか?

こう尋ねると「これから好きになったらそれでいいじゃないか」「もし子供が天才だったら弾かせないのはもったいない」といった答えが返ってきそうですね。おっしゃる通りです。本当に、それなら良いと思います。何事も経験させてなんぼですから。天才の芽を摘むのは残念です。

ただ、そういったお母さんの熱情が高ぶり、子供に威圧的になってませんか?過剰な教育をしていませんか?

私は、よく夕方に犬の散歩をします。すると、とあるお家からピアノの音が聞こえてくることがあります。そのお家には小さい女の子がいて、たぶんピアノを習っているのでしょう。

お世辞にも上手とは言えませんが、頑張って弾いています。もちろん、ところどころでミスタッチをします。テンポもガタガタ。リズムも今一歩。

そこで、お母さんが罵声を飛ばします。「違うでしょ!!この音だよこの音!!」「前も言ったよね!?なんべん言ったら分かるの!?」と、ピアノを叩きながらヒステリックな声で子供を叱りつけます。当然、子供は怖気づき、さらに下手になってます。。。

・・・そういったお母さんって、少なくないと思うのですが、どうでしょう?

私の母親も、かつてそうでした。いや、私に対しては、男だったからかあまりガミガミ言いませんでしたが、妹に対しては本当すごい剣幕で怒っていました。母曰く「女の子なのになぜこうも弾けない!」と。(ちなみに、妹は今も、ピアノが弾けないに等しいくらい不得手です。というか弾いてすらいないですね。)

また、今私は声楽の講師をしていますが、生徒に音大のピアノ科を卒業された方がいます。彼女は、幼い頃からピアノをやらされ、本当は声楽科に進みたかったのに、母親の命令と威圧により、しぶしぶピアノ科に行ったそうです。

生徒によると、母親は典型的な教育ママで、ガミガミ言ってピアノのイスに無理矢理座らせてきたそうです。生徒はピアノが半ば嫌いになったそうですが、でも逃げられず、結局そのまま成長して、しまいには「ピアノ科に進まねば学費は一切払わないよ」と言われたそうです。

・・・さて、話を戻しましょう。

もし子供に対して過剰な思いや熱意があれば、それは即刻捨てていただきたいと思います。束縛して叱りつけてスパルタ教育をして、子供はピアノの楽しさを知りえるでしょうか?

中には叩かれて伸びる子もいるでしょう。でも、貴女様のお子さんは本当にそれを望んでいるでしょうか?

もちろん厳しさは時に大事です。アメとムチを上手に使い分けることが必要です。けれども、ムチで叩きすぎれば心にアザができ、修復が困難になることもあります。

お母さんの「子供にはピアノがバリバリうまくなってほしい」という気持ちは理解できます。しかし押し付けてはなりません。その思いも大切にしつつ、どうすれば子供が上達してくれるかの作戦を立てるべきだと思います。つまり、お母さんも勉強する必要があるのです。

子供の心理学をはじめ、教育の仕方、個人の尊厳・・・そういったものを踏まえた上で一緒にピアノを学んでいく姿勢で付き合うべきでは?と思ってやみません。

親が権力を振り絞っているだけでは子供は奴隷。かわいそう。そうやって旦那さんを扱ったりもしてるんでしょう?(笑) あ、そこは別ですか(^^;)

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.