歌うときの「声を腹から出す」っていう意味分かりますか?

どうも!タラッタです。
今日も少し厳しい話をします。

「腹から声を出して歌いましょう!それが腹式呼吸です」

うん、気持ちは非常によく分かりますが、
これ間違っているんですよね。

声が腹から出るはずがありません。

普通、いくら頭が悪くても、
ちょっと考えりゃ、こんなことくらいは分かります 笑
なのになぜ洗脳のごとく、

「歌声は腹から出せ」

というのを信じて疑わないのでしょうか。

少し整理しておきたいのですが、
まず、声はどこから出ますか?

はい、声は声帯が合わさったときに作られますよね。
そして声帯が合わさるには十分な呼気圧(吐く息)が必要です。

ではその息ってどこから来るのでしょう?
理科の授業で習ったことを思い出してみてください。

そう、肺から送られてきます。

こんなシンプルな図式にもかかわらず、

「腹から声」

と、ホニャラの一つ覚えみたいに言われ、
それを信じ切っている人がけっこういたりするんですね 笑
というか、きっと何も考えていないのでしょう。
    (頭使わないと将来ボケますよ)

もう、これには呆れます。

改めてお尋ねしますが、

本気で腹から声が出ると思っていますか?

どうか、

「本当は声帯で鳴って、息は肺から来ることくらい承知してるよ」
「馬鹿にするんじゃねーよ」

とおっしゃてください。

そうであるのでしたら大丈夫です♪
腹から声を出すというのはイメージ論にしかすぎないことを、
きっと分かっていらっしゃると思うからです。

もし本気で間違いを信じ切っていたのでしたら、
もう一度中学校(あれ、小学校かな)にお戻りくださいね申し訳ないけど 笑

割と本気で言ってるのでもう一度言いますよ!
耳の穴をほじって澄ましてお聞きください。

もし本気で間違いを信じ切っていたのでしたら、
もう一度中学校(あれ、小学校かな)にお戻りくださいね。

それから、一方で、

歌を教える指導者は、
必ずイメージ論であることを添えて伝えるべきだと私は思います。
生徒さんが誤解しないように。

まあ、誤解するほうもアレですが、
指導者は、生徒の勘違いを修正し、正しいことを教えねばなりません。

もし今後、貴方自身が指導者のどなたかから、あるいは何かから歌を学ぶとき、

「腹から声を出して」

と言われたら、それはイメージ論だと理解しましょう。
さもなくば危険です。

なぜ危険かというと、
声の出る仕組みが分かっていないことになるからです。

声の仕組みが分かっていないと、
今後、声を発展させていく上での弊害になって骨折り損、
はたまた変なところに力が加わったりして余計な負荷がかかります。

非常に遠回りをしたり、下手をすれば谷底に転がり落ちていきます。
 (まあ、たまに、上手くいく人もいるようですがね。才能なんでしょう。)

だから、常に真実を求める必要があるんだってば。

歌のレッスンとかでは、
「ああしろこうしろ」と指導を受けるにもかかわらず、
先生はなかなかその理由を教えてくれません。

私が大学院で習っていた先生は教えてくださいましたが、
そうでない先生も本当多いと聞いています。

「なぜこんなことをしなきゃいけないのですか」
と先生に尋ねても、ハッキリとした答えが出てこなかったり・・・。

生徒の探求心を向上させるために、わざと濁しているのなら、
それはそれで思慮深いことだなあと思いますが、
本当に先生自身が知らないのであれば致命的です。

そういう場合は、生徒も生徒で自主学習すべきです。

でも、まず疑問に感じることすら無いかもね・・・。

機械ロボットみたいに「ハイ」と応えて先生の命令を聞いてから、
なぜか?ということを考えない・・・。

それでは時間と労力の無駄ですから、
さっさと歌をやめて、別のことをした方がいいと思います。

レッスン中に疑問に思ったことはバンバン先生に質問するなり、
場合によっては、とりあえず聞くだけ聞いておいて、後で自分で本で調べる
これらは歌を学ぶ上での必須条件です。

 (ネットには間違った情報もたくさんあるので気を付けましょう。
  私のこのブログも含めて、完璧ではありませんので!笑
  本ですら完璧ではないのでねぇ。。。)

質問したり調べたりは、
真面目な生徒なら必ずやっていることです。

・・・おや、話が随分逸れていってしまいましたね!笑
失礼いたしました。

とりあえず今日は、

「声は腹から出ない」

これの再確認ということで、以上です。

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.