校歌の歌唱指導を頼まれてしまった非音楽教員に向けて

どうも!タラッタです。

このあいだ、高校の英語教員をしている幼馴染から、「校歌の歌唱指導の担当になってしまったから、指導方法を教えてもらっていいかな」と、ラインで相談を受けました。

私はその文面を見て、「うわ~学校の無茶ぶりにもほどがあるだろ~」と思った半面、「教師というのは大変だな」とも思いました。高校の場合は大抵が音楽教員が配属されていない(非常勤講師の場合が多い)ため、非音楽教員が担当しなければならないようですね。

でも私が高校生だったとき、歌唱指導は音楽の非常勤講師が特別出勤してやっていた気もするが・・・まあ、とにかく細かいことは置いておき、今回は非音楽の正教員(主に高校)の方々に、校歌の歌唱指導のアドバイスを講じたいと思います。

上手さを求めなくて良いと思う

校歌指導の担当になると、どうしても生徒に歌の上手さを求めてしまうと思います。でも、校歌を歌う上で大切なことって、上手く歌うことではないと私は考えます。

もちろん上手に歌えるに越したことはないですが、育ち盛りの子達が、真面目に練習するとは到底思えません。合唱系に強い高校ならいざ知らず、たいていの高校生は「校歌なんてなにくそ!」「恥ずかしい」「めんどくせ~」って思っているはずです。

そんな子達に上手な歌を求めるのは高望みなので、まずは、雰囲気だけでも“校歌を歌っている”感が出れば、それでOKなのではないかと思います。校歌でコンクールに臨まない限り、それで十分でしょう。

ピアノとか習っていた経験のある先生は特に注意!なぜなら、「私はピアノを習っていたことがあるから、その知識を生かして頑張る!」となって、音楽の記号や表現技法を教え始めてしまう可能性があるからです。

別にそれは悪いことではないのですが、校歌に興味のない生徒にそんなことを教えても空回りしそうですね。フォルテ(f)だとかピアノ(p)だとかクレッシェンドだとかデクレッシェンドだとかを生徒に要求してしまったら、きっと多くの生徒は萎えてしまう気がします。

率先して歌ってあげる!ただそれだけ

じゃあどうした良いのか?ということですが、“指導する”と考えずに、ただただ先生(あるいは率先して歌ってくれそうな生徒)が歌ってあげれば良いのです。

第一、みんな、声を出して歌うこと自体恥ずかしいと思うので、誰かが犠牲になって大きな声で歌えば、多少は歌ってくれるようになるように思います。

なぜそんなことが言えるのかというと、これは私自身の経験からです。比較的素直な小学・中学時代はまだしも、高校時代は皆校歌なんて歌いもしないムードでした。が、非常勤講師の先生がピアノを弾きながら歌ってみただけで、小声ではありますが、みんな歌い始めたのです。

それだけでもだいぶ様になっていたので、そういった練習を積み重ねることで、みんな耳や口が開いてきます。先生の声を聞き、自然と口ずさみ、気付けば話し声くらいの大きさで歌えるようになっている・・・と。

うまくいくかは実際やってみないと分かりませんが、それが一番生徒にとって負担がないし、様になる確率も高いのではないか?・・・と私は勝手に思うのであります。

大きな声は出させない!というか出しちゃダメ

大きな声を出すことは決して悪いことではないのですが、大きな声を出させようとしてはならない!と私は思っています。

運良く生徒が声を出して歌ってくれるようになると、先生は大きな声を求めるようになるかもしれません。特に、体育の先生のような熱血型の場合は、より大きな声とガッツを求めることもあるでしょう。

しかし、大きな声は声帯を壊します(特に思春期はデリケートな声帯です)。きちんとマンツーマンでの専門的指導が無いと、大きな声というのは出してはなりません。というか、声楽家ですら大きな声で歌おうとはしていません。通る声や響く声を作っているのです。

そんな声はちょっとやそっとの練習では身に着かないし、ましてや音楽にあまり興味が無い生徒にとってはほぼ無縁でしょう。だから、大きな声を目指すよりは、歌の意味を理解させて、小声でもいいから言葉をハッキリと歌わせることが大切なのではないかと思います。

もちろん、その前に、先ほど書いたように先生(または歌える生徒)が率先して歌ってあげることです。誰かがまず犠牲にならなければ、事は進んでいきません。

まとめ

以上、非音楽教員(主に高校)が校歌の歌唱指導をする場合の、私からのアドバイスでした。

とにかく率先して歌ってあげて、生徒を引っ張る。みんな声を出してきたら、歌詞の言葉の意味を理解させて、発音ハッキリと歌わせる。・・・そんな感じです。

で、実は、私は指導経験が全くありません。なので、今回のアドバイスは全て“机上の空論”です。あくまで、私が高校生だった頃の生徒皆の状態や、今までに得た知識・経験を基に構想して書いたまでです。

「なんだ。読んだ時間返せよ!!」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実験的な意味も含めて、是非参考にしていただけたら幸いに思います。

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.