日本の唱歌・童謡でおすすめのCDなら、この人が一番!

どうも!タラッタです。

今回は、日本の唱歌や童謡といえばこのCDだよ!というお話です。日本の歌を歌っている歌手・声楽家は、男性や女性を問わずかなり多いですよね。だから、迷われて当然かと思います。

でも、私は迷いません。この人が一番!と決定的に言える人がいらっしゃるんです。

藍川由美さんのCDが一番!

もったいぶらずに答えを言っちゃいますと、藍川由美さんが一番です。いや、一番というと語弊がありますが、私のこだわりや好みから言って、一番です♪

以前の記事「日本歌曲を勉強するなら藍川由美さん(ソプラノ)を聴こう!」でも述べたように、芸術歌曲をはじめ、唱歌・童謡などの日本の歌の歌唱・研究に関しては、彼女の右に出る者はいないでしょう。

子供に聴かせるにはちょっと固い感じがするかもしれませんが、端正できれいな日本語、真実を追い求めた形による律儀な歌唱ですので、教育としても娯楽としてももってこいかと思います♪理屈抜きで、是非聴いてみてください。

唱歌

藍川さんの唱歌のCDをご紹介しましょう。

文部省唱歌集 故郷

文部省唱歌といえば、尋常小学校などで歌われた懐かしの歌が多いでしょう。CDタイトルになっている「故郷」をはじめ、とにかく有名どころばかりが収録されています。そういえば「われは海の子」、実は第7節(=7番)まであったのはご存知ですか?このCDでは全て歌われていますよ♪

  • 全曲目: 夏は来ぬ、港、花、荒城の月、箱根八里、青葉の笛、ふじの山、春が来た、われは海の子、虫のこえ、かたつむり、案山子、紅葉、雪、冬の夜、茶摘、汽車、村祭、春の小川、村の鍛冶屋、冬景色、鯉のぼり、海、早春賦、朧月夜、故郷 
  • ソプラノ:藍川由美
  • ピアノ:高須亜紀子、花岡千春

購入を検討される方はこちら
⇒ 故郷~文部省唱歌集(Amazon)

ほんとうの唱歌史「海ゆかば」保育唱歌から國民唱歌まで

軍事色のある唱歌が中心に収録されています。大きな声で歌うには抵抗のあるものが多いですが、史実を知る上では目を背けてはならない唱歌ばかりです。このCDでは新たな発見が色々あるかもしれません。唱歌の奥深さを感じることができるCDなのではと思います。

  • 全曲目: 海ゆかば、見わたせば、戦闘歌(進撃追撃)、蛍(蛍の光)、訣別、抜刀隊、Airs Japonais et Chinois、FOU SO KA、紀元節、敵は幾万、元寇、月下陣、一月一日、婦人従軍歌、雪の進軍、お正月、戦友、軍艦行進曲、水師営の会見、広瀬中佐、橘中佐、海ゆかば
  • ソプラノ:藍川由美
  • ピアノ:安宅薫

※ ヨコ文字の曲はピアノ独奏です。
※ 「海ゆかば」が2つありますが、異なる曲です。

購入を検討される方はこちら
⇒ ほんとうの唱歌史「海ゆかば」(Amazon)

童謡

次に、藍川さんの童謡のCDをご紹介しましょう。

ゴンドラの唄 ~中山晋平作品集

大正の童謡・流行歌ゆえに古めかしいですが、芸術的なうたがたくさん詰まっているCDです。ぜひ、日本的なノリのある中山節を楽しんでみてはいかがでしょうか?このCDの中では「シャボン玉」が泣けます。思わず Brava! と叫びたくなりましたね。

  • 全曲目: カチューシャの唄(「復活」より)、ゴンドラの唄(「その前夜」より)、さすらいの唄(「生ける屍」より)、煙草のめのめ(「カルメン」より)、酒場の唄(「カルメン」より)、船頭小唄、旅人の唄、波浮の港、出船の港、鉾をおさめて、天龍下れば、てるてる坊主、黄金むし、シャボン玉、露地の細道、背くらべ、あの町この町、木の葉のお船、兎のダンス、雨降りお月、雲の蔭、證城寺の狸囃子、あめふり、蛙の夜まわり、キューピーピーちゃん、皇太子さまお生れなった
  • ソプラノ:藍川由美
  • ピアノ:花岡千春

購入を検討される方はこちら
⇒ ゴンドラの唄~中山晋平作品集(Amazon)

「花いちもんめ」~伝えたい日本のうた~

童謡が中心ですが、わらべうたや芸術歌曲も入っています。私個人としては、かなりお気に入りのCDです。ドライブのBGMにもピッタリ♪タイトルに「伝えたい」と入っているので、お子さんがいたら、是非聴かせてあげてください。あ、ピアノ伴奏はカナダ出身の人なんです!これがまたイイ♪

  • 全曲目: 花いちもんめ、通りゃんせ、向う横丁、七つの子、十五夜お月さん、青い眼の人形、赤い靴、汽車ぽっぽ、浜辺の歌、時計台の鐘、花嫁人形、浜千鳥、春よ来い、さくらさくら、揺籃のうた、夕焼小焼、かくれんぼ、たなばたさま、かァごめかごめ、里まで来い、うれしいひなまつり、赤い帽子白い帽子、とんぼのめがね、サッちゃん、おなかのへるうた、しぐれに寄する抒情、小さな家、たんぽぽ、かわいいかくれんぼ、あなたとわたし、かあさんの歌、花いちもんめ
  • ソプラノ:藍川由美
  • ピアノ:マルガリータ・ヴァイチュレーナス=ピス

購入を検討される方はこちら
⇒ 伝えたい日本のうた~花いちもんめ(Amazon)

ほかの歌手なら、誰がおすすめか

藍川さんのCDばかりオススメしていると、「あなたは藍川さんの弟子ですか」と言われそうですね(^^;)一応誤解を解くために言っておきますと、弟子でもなんでもないですヨ!

さて、ここでは藍川さん以外のCDをご紹介したいと思います。どうせなら男性にしましょうか♪

・・・と思いましたが、なかなかオススメの歌手が思い当たらず、思い悩んでいます。。。

・・・う~ん、男性のオススメ歌手、誰がいるかなぁ?藤山一郎さんあたりが歯切れが良くてイイのですが、彼は歌謡歌手ですからねぇ・・・。

立川清登さんのキレイなバリトンボイスによる日本の歌も素敵ですね。しかしオススメのCDがなかなか無いのが惜しいですね。Amazonでは以下のがありましたので、ご紹介しておきましょう。

⇒ ゴールデン☆ベスト 愛唱歌をどうぞ(Amazon)

まとめ

以上、日本の唱歌・童謡のおすすめのCDのご紹介でしたが、いかがでしたか?

まあ、何と言いましても、私の中では藍川由美女史が一番です。端正な歌い方や聴き取りやすい日本語で、様式美を追求しつつも奥の深い歌に仕上がっていると思います。ハマり出すと、スルメのように味わいが増していきますよ♪

「真面目じゃなくて、もっと楽しく聴きたい」ですって?・・・あ、申し訳ございません。でも、藍川さんのも、私のとっちゃ十分楽しいです。藍川さんので楽しくないなら何が楽しいの!?って思うくらいです。

でも、私の意見はきっとまわりとズレてるので、あくまで参考程度になさってくださいね。ん?そんなのもう分かってるって?・・・す、すみません。

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.