のだめカンタービレ 再放送!!

追記:2014年7月22日現在、再放送やってるみたいです!詳細はコチラ

   以下、2014年4月1日の記事です。

どうも!タラッタです。

新年度、明けましておめでとうございます。

・・・って言っても、正月のような雰囲気出ませんね。
すみません、言ってみたかっただけです、はい。

さて、エイプリルフールですが、
嘘はつかずに、普通に進めてまいりましょう。

今、2006年に放送された
『のだめカンタービレ』
が再放送されています。
(私の住む愛知県では、の話なので、他県はちょっと分かりません 汗)

音大などが舞台となっているので、
私としては大変身近に感じるお話です。

武蔵野音大がモデルですってね!

音大によって色は違うとは思いまし、
誇張されている部分は多々ありますが、
よく取材されているなあという印象です♪

さて・・・、

上野樹里さんが演じるのだめ(野田恵)ちゃんは、
色んな意味でカワイイです(^^)ピアノも天才的ですよね。

わが出身音大には、
この子ほど個性的(?)な子はいませんでしたが、
いてもおかしくないと思います。
でも、天才的な人はやはり稀にいます。

玉木宏さんの千秋真一も、
黒いオーラがにじみ出ていてクール!
わが出身音大には、
ああいう男はおりませんでした。

あと、個人的な好みでいえば、
コントラバスの佐久桜ちゃんも、
貧乏お嬢様ですが清楚でかわいらしくてイイ感じ♪
数年前にダルビッシュ有さんとの関係で話題になった紗栄子(旧芸名・サエコ)さんが演じています。

ほかにも色々個性的なキャラクターがいますが、
さすが音大!という感じですね。
もちろん大げさなところだらけですが(^^;)
まあそれくらいのほうがドラマでは丁度いい♪

まあ、ドラマの中に出てくるSオケは、
どっちがというと吹奏楽的なノリのような気はしますが。

ただ、声楽科出身の私にとっては、
正直、ピアノやオケの世界には詳しくありませんので、
音楽絡みの共感点はそんなに多くはなかったです。

旧ブログにも音大の話を書いた時にお話ししたかもしれませんが、
本当、専攻によってカラーが全然違うんですね。

ピアノ科やオルガン科は、恵まれなければ、
本当に孤独な世界です。

声楽科は、オペラではみんなでワイワイやりますが、
オケなどとは違ったカラーを持っています。
また、私のように歌曲派の場合は、
けっこう孤独だったりします 笑

音楽学系は頭脳明晰ですが、
演奏とかしない分地味で静かなイメージがあります。

・・・また機会があれば、
この手の話題を取り上げていきたいと思います!

あと、『のだめカンタービレ』のDVDは、
全話(第1~11話)売ってるようなので、
もし欲しい方いたら、物色してみてください。

⇒ のだめカンタービレ DVD-BOX [ 上野樹里 ] 【楽天】

探せば、特番(2008年)や映画(2009、2010年)もあるかもしれません。

・・・思えば、
『のだめカンタービレ』初放送から7年以上が経っています。
「もうそんな前?」という気持ちです。
で、今年も再放送ということで、
人気は衰えていないようですね♪

実は、私、
最近初めて のだめ を観ました。

放送当時は、音大を目指していたからこそか知りませんが、
なんとなく観たくなかったんですよね。
(というより高校の課題に追われていた 笑)

「現実とドラマは違うんだから」
「でも現実的な部分もあるから観たくないな」
という感じで、いろいろ考えが巡っていたこともあります。

先月、急に『神はサイコロを振らない』をもう一度観たくなったから観て、
そして、死刑がテーマの『モリのアサガオ』を観、
その流れで『のだめカンタービレ』 を観てみました。
(どんな流れだって!笑)

いざ観てみたら、案の定、
非現実的な部分と現実的な部分が混雑していました。
でも、人間ドラマとして観ることができ、
とても楽しませてもらいました♪
ギャグ的な部分も面白いですね。

・・・おっと、
また長くなってきちゃいましたね!
ここらへんまでにしておきましょう。

お読みいただきありがとうございました!

ぎゃぼーーーーーーーーー!!!!!!!!

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.