面白い音楽 動画&音源9選!腹痛めてよし感動してよし

どうも!タラッタです。

YouTubeには実に色々な動画があり、暇つぶしにはもってこいですよね。そこで今回は、私が「これなかなか面白い!」と思った音楽動画・音源を9つだけご紹介したいと思います。

ただ、私はクラシック畑の人間なので、もしかしたらお気に召さない可能性も無きにしも非ず。でも有名な曲ばかりなので、少しは楽しんでいただけるかな。

 ※ 念のため、ここには動画・音源を載せずにリンクだけとしました(そのまま動画を載せると、著作権等にまつわるYouTube上の規約・条件等が適用されないためです)。あらかじめご了承ください。また、動画が削除されていたらすみません。

ピアノ編

まずはおなじみピアノから。

ラジオ体操を本気で弾いてみた。

誰もが知っているラジオ体操!

私もプールで泳ぐ前や運動会でやりましたし、体育の時間にテストもありました。小学時代は第一を、中学・高校と第二をやりました。それと、小学生のときの夏休みに、朝早くに親に起こされて近くの神社までラジオ体操に参加しに行かされました(笑)

ラジオ体操は、基本的にみんなヘタクソですよね~。何気に私、「地味にウマイね」って人から言われたことがあります~運動音痴ですが(#^.^#)

まあそれはいいとして、そんなラジオ体操をかなり気合いを入れて(といってもわざとらしいですが)弾いている動画があったのでご紹介しましょう!

⇒  https://youtu.be/7EzZbws163A
 ※ 当記事作成時点での再生回数:3,027,174回

Mario Piano Medley!

これも知らない人がいないですね。あの、マリオです。マリオといえばファミコンの「スーパーマリオブラザーズ」!シンプルでエキサイティングなゲームです。バグらせて遊んだりしていましたし、今だってやってます(笑)正規の遊び方も良いですが、小技やバグは、やはり最高です。

さて、ここではちょっと変わったマリオをお聴きください。ショパンやリストのピアノ曲を交えたメドレーになっています。私はクラシック畑にいる人間として、あえてこれを選んでみました。笑えるような面白さではなく、シュールな感じです。

⇒  https://youtu.be/3eKxxYlHbJs
 ※ 当記事作成時点での再生回数:1,486,298回

オルガン編

次は、ちょっとマイナーにオルガン。オルガンといえば何か。そう、パイプオルガンしかありません。

パイプオルガンとスーパーマリオ

すみません。またマリオです!先ほどのとは違って、今度は純粋にマリオだけのメドレーです。しかもオルガンでの演奏という、なんとも豪勢なもの!

ファミコンのあと独特な音って、オルガンだと割と雰囲気が近い感じがしますね。ピアノと違って弾いても音が減衰しない点は、あの電子音と似通っている気がします。それにオルガンは、色々な音色が出せる点が最大のメリットですね。

⇒  https://youtu.be/mPpjyUwRB54
 ※ 当記事作成時点での再生回数:110,138回

Orgelmarathon – Improvisation pour l’anniversaire

横文字だと分かりにくいですが、かの有名な「ハッピバースデートゥーユ~♪」っていう曲です。この曲は、ごくシンプルで短い曲なのに、何だか心がとても温まります。子供の頃、家族に祝ってもらった誕生日を思い出します。

でもここでは、オルガンマラソンによる豪華・長大版をお聴きいただきましょう。オルガンマラソンとは、一台のオルガンで、演奏中に順番に奏者が交代していくというアラ技をやってしまうものです!(しかも暗譜で)

14分以上ある(最初の1分くらいは音色選びです)ので時間があるときにでもどうぞ。曲は「ワケが分からん」って感じがするかもしれませんが、そのワケが分からないマーブル的な感じを乗り越えた後のクライマックスでは、あの聴き慣れたメロディーが出てきて、これはもう感動に値します日本では生で見られないものです。

なお、この動画にはパイプは映っていませんが音はちゃんとパイプから出ています。一方、演奏台(コンソール)が丸見えなので、まじまじと見てみてくださいね。そして、オルガンの音色の豊かさもご堪能くださいませ♪

⇒  https://youtu.be/jM5wp82ghuw
 ※ 当記事作成時点での再生回数:88,336回

色々編

あとは、合唱(といっても歌なし)、ヴァイオリン、オーケストラなどです。

「旅立ちの日に」を短調にしてみた

「旅立ちの日に」は、合唱で一度は歌ったことのある人も多いのではないでしょうか。この曲を聴いて青春時代を思い出すと思いますが、実は私、これクラスで歌ったことがないんです。大学の合唱の授業で、ヘンデルの「メサイア」を一通り終えた後のおまけでやったくらいです。

さて、ここでは「旅立ちの日に」を移調&短調に変えたものをご紹介しましょう。なんだか、恋人や親などの大切な人との惜別の歌のような、とても悲しいながらもどこか感動的な曲に仕上がっています。

ツールによる作成のようなので歌は入っていませんが、是非あなた自身が歌ってみてください。

⇒  https://youtu.be/MworoQLkpG8
 ※ 当記事作成時点での再生回数:17,599回

スーパーマリオブラザーズをヴァイオリンで演奏しますた

またまたマリオですみません。でもこれ、すごいです。プロの業だなあと、良い意味で絶句してしまう面白い動画かと思います。実際のファミコンの1-1のプレイに合わせて、うまくBGMと効果音も入れています。

ヴァイオリン一本での神業をご覧ください。奏者は岡田鉄平さん。

⇒  https://youtu.be/BXSPtCvzRkE
 ※ 当記事作成時点での再生回数:2,532,539回

そういえば、鉄平さんがピアニストの杉浦哲郎さんと演奏した「亡き名鉄7000系のためのパヴァーヌ」も、なかなか興味深い物でした(そのCDは今は廃盤になっています)。

もしも緊急地震速報がオーケストラだったら

これはトラウマになっている方も多いと思うので紹介を迷いましたが、あのテロンテロン音をモチーフにした拡大の仕方が凄いなあと思ったので、紹介することにしました。

あれだけの短いフレーズからここまで膨らませるのは、夢があっていいなあと思いますね。ただ、今から聴かれる際は、安易に再生しないようにだけご注意ください(あまりやると「オオカミ少年」みたいになります)。また、トラウマになっている方もご注意願います。

⇒  https://youtu.be/VcJakYRHRnY
 ※ 当記事作成時点での再生回数:916,431回

【ファミマ入店音】もしもモーツァルトがファミマの入店音を作曲したら

ファミリーマートに入店するとき、独特の入店音が流れますよね。あのチャイムは、実は自宅用の呼釦でも使われていたりするので、ファミリーマートオリジナルではないようです。

ここでは、モーツァルト風の入店音をお聴きいただきましょう。実際にファミマに入ってこれが流れたら、思わず「おわっ!」となりますよね。その店には何が置いてあるのでしょう?気になりますね(笑)

⇒  https://youtu.be/Hrve4jgEBP8
 ※ 当記事作成時点での再生回数:188,194回

絶対音感の日常

私には絶対音感は無いですが、ある人にとっては動画のようになるようです。

⇒  https://youtu.be/jLWWVgXGm9s
 ※ 当記事作成時点での再生回数:535,722回

そもそも、絶対音感という言葉自体定義が曖昧ですし、絶対音感は無いほうが良いと私は考えています。詳しくは「絶対音感の習得の訓練は不必要!むしろ弊害にも」に書いてあるので、興味がある方は是非ご覧ください。

最後に

いかがでしたか?楽しんでいただけたなら幸いです。ほかにも、探せば色々楽しいものが出てきます。

なお、YouTubeは一応著作権等の管理がされていますが、リンク先の動画や音源が不適切と判断されてしまった場合、飛んでも削除されてしまっている、ということもありますのであらかじめご了承くださいね。

あと、面白いとは違いますが、ちょっと楽しくなる曲(「ワライジワ」といいます)を私も作ってみたので、お時間がありましたら是非聴いてやってくださいm(__)m

⇒ 記事「楽しくなる音楽を作ってみた!無料ダウンロードできます!

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.