音楽の授業で歌うときなど、口臭が気になるときの対策

音楽の授業で歌う時の口臭対策

どうも!タラッタです。

学校の音楽の授業では、クラスメイトと隣り合わせになって、けっこうな至近距離で歌うことがありますよね。

そのとき、多くの人が意外に気にしてるのが、ずばり「口臭」。

口を開けて発声すると、モワ~ンと息がまわりに分散します。

実際、まわりの人の口のにおいがただよってきたこともありますよね?
それと同じく、自分自身の口臭も、まわりにただよってます。

「そんなこと気にしない!」といった、鋼(はがね)のような性格の持ち主なら良いと思うんです。

でも、そうでない人は、気になって気になって堂々と歌えないといった事態にもなります。

堂々と歌えないと、先生からも「しっかり歌いなさい」と無神経に指摘されたり、内申点を下げられたりすることもあると思うので、不安にも感じますね。

でもです!

口臭は、きちんと対策をすることである程度改善することができます

対策については、次の記事の中で詳しくお伝えしているので、ぜひチェックしてみてください!

⇒ 「合唱では口臭が気になるね!7つの対策を実行してみよう

まあ、ここでも簡単にまとめておくと、対策は、

  • 【対策1】臭いやすいものは食べない!
  • 【対策2】歯磨き舌磨きはきっちりと!
  • 【対策3】舌を頻繁に動かす!
  • 【対策4】定期的に歯医者に行ってお掃除!
  • 【対策5】生活習慣を整えてすこやかに生きる!
  • 【対策6】歌う直前に口を香らせる!
  • 【対策7】あまり気にせんでええ!

この7つです。

そして、上にあげた対策記事では、口臭を抑えるためのアイテムもご紹介しています。

そのうちのひとつは、「臭ピタッ」という口臭・体臭対策用のサプリメントです。

1日1粒からOKという手軽さ、かつ、お小遣い程度で試せるので、学生さんにも手が届きやすいと思います。

ぜひ下記の公式サイトをチェックなさってみると良いでしょう。

⇒ 臭ピタッ

 ※ もし、何か病気などをお持ちでしたら、一応お医者さんに確認をとってから検討なさってくださいね!

というわけで、今回は以上です。

詳しい対策については、先ほどもご紹介した「合唱では口臭が気になるね!7つの対策を実行してみよう」をご覧になってみてください♪

では、にんにん!!

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.