【男編】あなたの一人称は、私?俺?僕?自分?それとも…

一人称

どうも!タラッタです。

今回は、ふと一人称について思い付いたので、それに関する記事をちょっくら書いてみました。

では早速、まずはアンケートからとりたいと思います!普段の “ 話し言葉 ” での一人称に関するアンケートです。まだ新しいんで、老若男女、寄り道で来た人もぜひ投票お願いします!

あなたがプライベートで一番多く使う一人称は?(会話で)

  • Loading ... Loading ...

    「おれ」と言う機会を失い、「ぼく」と言えなくなった自分

    私タラッタは、こういう 書き言葉 では「私」という一人称を使っとるんですが、普段の会話では「じぶん」もしくは「わたし」といった言い方しかしません。

    男であれば、普通「おれ」とか「ぼく」とか使いますよね。実際、まわりにおる男友達でも、「おれ」と言う人は多いです。電車の中での男の会話を盗み聞きしても、「おれ」だったり「ぼく」だったり使っとりますね。

    でも私は、「おれ」と言う機会をすっかり失って、また「ぼく」という一人称さえも言えなくなってまったんです。

    「おれ」はかっこいいが言うにも小恥ずかしい、と思った子どもの頃

    記憶によれば、私は幼い頃から「ぼく」と言ってきました。「おれ」というのは使った記憶がありません。

    保育園時代だったか小学時代だったか、自分のアイデンティティが形成されてきたときに、私は「そういやあ、ぼくって自分をよぶとき ぼく としか言っとらんなあ」と気付き、母親に「自分をよぶとき、おれって言っていい?」と訊いた覚えがあります。

    そしたら、たしか「乱暴だからダメ」と言われ、「使ったことのない言葉をわざわざ使うまでもないな」「けれど おれ って言うとかっこいい感じがするな」といった葛藤にさいなまれつつも、結局使うことはありませんでしたね。第一、なんか小恥ずかしかったw

    「ぼく」が弱々しく思えてきて、結局…

    「おれ」=かっこいいんだから、「ぼく」はダサくて弱々しい。

    そう思うようになってきて、結局、「ぼく」というのもあまり使わなくなっていきました。親の前では特に言いたくなかった。ちっちゃい子どもみたいだし、馬鹿にされそう…。私はそう考えとったんかもしれませんw

    たしか、中学生くらいになるときはすでに、友達の前でも「ぼく」を使っとらんかったと思います。

    積極的に「わたし」「じぶん」を使うようになった

    一人称に「わたし」(文章では「私」)を使う中学生って、ちょっとませすぎて気味悪くないですか??まわりの子たちはみんな「おれ」「ぼく」を使っとったのに、私だけ「わたし」と…。

    幸い、それでイジメにあったりすることはなかったですが、この頃の自分は、中二病も相まって、二度と「ぼく」とは言わなったし、当然「おれ」という勇気もありませんでした。「わたし」ばっかり。

    まあ、「わたし」というのも なんだか固すぎた感じがしたもんで、「じぶん」というのも混ぜるようになっていきました。

    大人になってからは、「じぶん」>「わたし」

    大人になるにつれ、「ぼく」=弱々しい というよりは 誠実そう といったイメージがつくようになりましたが、それでもなお、私は「わたし」「じぶん」を使い通してきました。

    今では、むしろ「わたし」よりも「じぶん」を使うことが多いように思います。仕事では「わたし」がほとんどで、プライベートでは「じぶん」を多用しとります。たまにフルネームですがw

    それにしても、仕事では「わたし」というのが社会一般的な言い方だで、私は少し嬉しいです^^

    ちなみに、文章では一貫して「私」または「自分」です。これらは文脈によって使い分けとります。このブログでもそうです。

    いいな欧州は!一人称がひとつしかしかなくて!

    一人称に限って言えば、私は欧州に生まれたかったですw 一人称に限って言えば!です。

    以下、「私は」に該当する主語の一人称です。

    • 英語 : I
    • ドイツ語 : ich
    • オランダ語 : ik
    • イタリア語 : io
    • スペイン語 : yo
    • フランス語 : je
    • ノルウェー語 : jeg
    • スウェーデン語 : jag

    中には一人称の主語を省略することの多い言語もありますが、こんな感じでひとつだけです。それに対して日本語は、先ほどのアンケートのように色々!さらに、仮名や漢字で使い分けるなら、もっと多い!

    私、わたし、ワタシ、わたくし、ワタクシ、私め、わたしめ、わたくしめ、あたい、アタイ、あたし、アタシ、あっし、アッシ、わい、ワイ、わし、ワシ、わす、ワス、ワイ、僕、ぼく、ボク、俺、己、おれ、オレ、俺様、おれさま、オレサマ、己等、おいら、オイラ、おら、オラ、我、吾、われ、ワレ、吾輩、わがはい、ワガハイ、童、妾、わらわ、ワラワ、某、それがし、朕、余、予、小生、拙者、やつがれ、此方、こなた etc…

    ざっくり挙げていきましたが、こんなにもあるんですわー。どんなに日本が頑張って言葉を選んでも、イギリスは「 I 」と涼しい顔で言うのみw(古めの英語だと、ドイツ語と同じ ich がありますがね)。

    最後に

    以上、今回は一人称に関するお話でした。

    あなたも、面白い一人称エピソードはありますか?良かったら教えてくださいね♪ 私は、この先もずっと「私・わたし」「自分・じぶん」を使っていくことでしょう。

     
    スポンサーリンク

    >> 全記事一覧はこちら <<

    サブコンテンツ

    クリックでD.C.