「音大生=金持ち家庭 」と誰が言った!?

どうも、タラッタです。

今日は、音大生の家庭についてのお話です。

「私は音大出身です」と人にお伝えすると、
「金持ちの息子さんだねー!」としばしば反応され、返答に困るときがあります。

世間的には、“音大生=金持ち家庭”といったイメージなのでしょう。

たしかに、莫大なお金が必要になってきます。

特に、幼いころから高い音楽教室に通い、私立音大に入学した人だと、
音大卒業までにざっと2000万円ほど消えてしまうでしょう。
家が1件建ちますね 笑

国公立の音大(正確には芸大の音楽学部)なら、
学費が私立の半額以下なので、もう少し余裕ができます。

が、いずれにしても安くはないですね。

プロのプライベートレッスンを受けるなら、
1時間でも何万円かはかかります。聞くところでは1時間3万円というのもありました!
まあ、一流でないけど偉い先生なら1時間1万円くらいが相場です。

また、楽器をやっている人は高額な楽器やメンテナンスに出費し、
楽器のいらない声楽家も、耳鼻咽喉科へ行ったりして医療費がかかります。

それでもって音大卒業後は思うような就職先がなかなかなく、
ペイした分を取り戻すのも大変な事。
お金は羽根を生やして飛んでいくばかりです。

そうであるからこそ、
音大生の家庭は経済的に余裕がないとやっていけないように見えると思います。

実際そのとおりで、ある程度余裕がないと、やってられないのが事実です。

しかし、「金持ち」と断定するのは早合点です。

子供が音大に行ったばかりに、貧乏になってしまった家庭もあります。

元々金持ちでもない、ごく普通の一般家庭ですと、
子供が音大に入ることによって、生活は言うまでもなく窮屈になります。
食材の質を落とし、旅行も我慢し、贅沢をしないようにせねばなりません。

子供は奨学金を得て音大に通い、
アルバイトに精を出し、きょうだいも懸命に働いて稼ぎ、親は共働きをし・・・。

私が通っていた・勤めていた音大にも、そういう学生は何人もいました。

もちろん、子供本人はアルバイトに追われ、
練習がままならない状態であることも、しばしばあります。
中には、やむなく休学や退学をしてしまった人も何人かいます。

それほど、家庭が経済的に苦しくなってしまうのです。

でも、苦しい生活であっても、
子供本人は最大限に努力して、音楽に勤しもうとしています。

 (個人的な偏見ですが、
  そういう家庭の学生ほど、
  とてつもなく頑張っていた
  ように思います。
  結果がどうであれ・・・。)

なぜなら、音楽で道を拓いていこうとしているからでしょう。
いや、音楽の道を諦めても、
何とかして日々の生活で学び得たノウハウを活かしていこうと必死なのです。

両親も素敵ですね。
普通の親なら「音大だけは行かせんぞ」と言うところを、
子供の意思を尊重して、音大に通わせるのですから。

お金をとるか、
夢をとるか・・・。

何をとるかは、
人それぞれ、家庭それぞれ。

ただ、それだけのこと。

音大生の家庭には、
金持ちで裕福な家庭も多いですが、そうでない家庭も少なくないということを、
世間様には、ぜひ知っていただきたく思います。

想像と現実は異なります。
実際に表立って見えているものは、いざ蓋を開けたら違うってこと、往々にしてあるでしょう。

なお、たとえ金持ちであったとしても、
それはそれで多額の税金が搾り取られるわけですから、
お金持ちの家庭も、それなりに色々悩みを抱えていることと思いますよ。

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.