癒しの虫の声 自然の音楽

どうも、タラッタです。

だんだんと秋めいてまいりましたね。
昼間はまだまだ暑いですが、
夜になると涼しく、
外から聞こえる虫の声が、
しみじみと心に響いてきます。

あの声は~
キリギリスだな?
あっちはマツムシだー

・・・なんて考えながら、
夜をすごしています。

虫の声って、
本当、癒されますね。
最高の音楽です。

さて、上記で私は、
虫の出す音のことを、
虫の“声”と表現しました。

そう。音ではなく声なのです。

そう感じるのは、
どうやら日本人の特徴のようです。

欧米人には雑音にしか聞こえないとか。

日本人と欧米人と比べると、
日本人は左脳で虫の音を聞き、
欧米人は右脳で聞くそうです。

虫の音を、
音楽や情緒をつかさどる右脳ではなく、
言語や数学をつかさどる左脳で聞くところが、
日本人のスゴいところです。

だから、そのまま聞いた音としてではなく、
“声として”感受することができるのですね。

あと、日本人って、
西洋音楽や機械音は、
西洋人と同じく右脳で聞くらしいですが、
筝などの邦楽器だと左脳で聞くようです。

なんだか、日本人の脳って、
器用ですね!

同じ音楽でも、
すべて右脳で聞かず、
これは右、これは左って、
無意識に分けているのですから!

脳のことを知ろうとすると、
きっときりがないし、
未解明な部分もあると思いますが、
上記のことだけでも、
日本人と西洋人の脳の使い方の違いが、
見られますね。

日本人としての感性は、
誇りを持ちながら、
大切にしていきたいものです。

自然と同化して育まれてきた日本の文化。
日本の音楽も、その産物です。
虫の声もそのひとつですね。

自然の方へ耳を傾けながら、
今年の秋も、
しみじみと、健康にお過ごしください♪

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.