マイクなしのカラオケ

どうも、タラッタです。

カラオケは好きですか?

私は好きです。

クラシック畑の私が
カラオケが好きだなんて、
「一体何を歌うの?」
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

いや、
歌う曲、たくさんありますよ!

唱歌や童謡ならたくさん入っていますし、
有名な日本の芸術歌曲もあります。
合計すれば、数知れずあります。

これらは、
日本人クラシック声楽家として、
歌ってもおかしくない範疇ですね。

あとは、
賛美歌、西洋の有名な童謡や歌曲も、
入っていれば歌いますし、
歌謡曲、演歌、アニメやドラマの主題歌など、
私の知る曲の数は少ないかもしれませんが、
好きなものを歌ったりします。

まあ、カラオケなので、
基本はマイクを使いますが、
曲によっては、
マイクなしで歌うこともあります。

特にクラシック調の曲でやりますが、
クラシックの発声法で、
構わず歌います。

今、
「えっ!?」と思われましたか?

でも、音大の声楽専攻の知人も、
カラオケでは肉声で歌うことが
あるそうです。

マイクなしで歌うのは、
カラオケでは邪道かもしれませんが、
とても面白いものです。

むしろ、
マイクの使い方を気にせず歌えるため、
とても気持ちよく歌えます。
(ぶっちゃけ、曲にもよりますが、
クラシック調の曲なら特にそう感じます。)

もし、
まだ肉声で歌っていない方がみえましたら、
一度試してみてください♪

マイクがあるかないかで、
歌い心地が変わるのが分かります。
良くなるか悪くなるかは人次第ですが。

部屋は意外に響くので、
ぜひやってみるといいですよ。

注:
歌の勉強に励んでいる方は、
自分自身の能力や性格を鑑み、
一応師事している先生の意に沿って、
判断してください。

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.