声楽の練習時間は短く濃く!

どうも、タラッタです。

今日は、声楽の練習時間についての持論を展開します。

まず、世間的には、
プロの音楽家(や、それを目指す者)はみんながむしゃらに練習している
というイメージが、一人歩きしていたりします。

ピアノやオルガンを専攻とする人の場合、
何時間も集中して練習したりすると聞いたことはないでしょうか。

休日の場合、一日に少なくとも6時間はやる
という人がいました。もっと多くやる人もいるでしょう。

私はずいぶん前に、
「平日ですら最低でも3時間は必要だ」と聞いたことがあります。
練習を一回さぼると指が3日分衰える、とのことで、考えるだけでもぞっとしました。

以上の情報だけで判断するのはおこがましいですが、
がむしゃらに練習するというイメージは、あながち間違っていないかもしれません。
(注:中にはあまり練習しない人も 笑)

しかし実は、声楽では事情が異なるのです。

一日に30分という人なんかざらにいますし、
調子が悪いと0分、つまり練習しないという人もいます。
(まあそれは大げさで、声は出さずに呼吸法くらいはやるかもしれません。)

多くやる場合でも、せめて2~3時間が限度。
しかも連続してやらず、朝に30分やって昼前に30分やって昼過ぎに30分やって・・・
という感じで分散させるのが安全な練習法です。

(まあ、声楽専攻者で、
一日に必ず3時間練習する!という人には、
今までにたぶん会ったことがありません。)

そもそも、「○分あるいは○時間練習する!」
という考え方はあまりしないように思います。
あくまでも、時間はひとつの目安にしかすぎません。

私の場合、たいてい、
常に体調やのどの調子と相談しながら練習に励むので、
いちいち時間を計ってはいませんし、必要がない限り練習内容の記帳もしていません。

コンディションというものは日ごとに変わるものですし、
練習内容によっても疲労感などが変わってきます。

だから、練習時間は厳密に決めたりはしません。
(まあ、目安にすることはありますが。)

そもそも、声楽だと長く練習することはNGです。

のど(特に声帯)はとても繊細ですので、
長時間歌い続けてしまうと負担に負担が重なり、
のどの回復が遅くなったり、無意識のうちに傷めたりする可能性があります。

また、疲れてくると発声の仕方が知らぬ間に変わってきたりします。
それは、集中力の低下のせいもありますし、
疲れた筋肉をかばいながら声を作ろうとしてしまうからです。

これを続けると、
悪い癖だけが残ってしまったりして悪循環に陥ってしまうのです。

なので、練習は可能な限り短く。
そして、やるからには手を抜かず、集中してやるのです。
(これ、なかなか難しい 笑)

多くやる必要があるときは、
休憩や別の作業をうまく挟んで、常にフレッシュな気持ちで臨むべきだ
と私は考えています。

もちろん個人差はあるので、
どれが正しいどれが間違っているという決定的なものはありません。
あくまで参考までに、ということです。

自分なりに、自分に見合った練習法を探していきましょう♪

いや、でも、
これと決まった練習法は一生見つからないかもしれません。
なぜなら、身体は毎日微妙に変化していっているのですから。。。

柔軟に、そして自由に練習していけるといいですね。

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.