義務教育での音楽

どうも。タラッタです。

今日は、
義務教育の音楽について、
少しだけ述べたいと思います(^^)

情操教育として、義務教育では
「音楽科」があるわけですが、
その存在意味を考えたことがある人も
多いのではないでしょうか?

私がよく耳にしてきた意見は、
「意味がない」
「何のためにやるのか分からない」
というものでした。

先日も、バイト先の上司と
教育に関する話をしていたとき、彼は
「何のために音楽の勉強するのですか
と当時の先生に訊いたことがある」
とおっしゃったので、
「そのときの先生は
何と答えたのですか?」
と問うと、
「黙ってしまったわ~」
とのことでした。

音楽教師がその質問に答えなかった
(答えられなかった??)のは、
非常に残念に思えてならないのですが、
さて、よくよく考えてみると、
音楽の授業って
何のためにあるのでしょうね?

私は音楽教育が専門ではないので
確かな知識はないのですが、
私が今までに
音楽の授業を受けてきた感想を述べますと、
やはり、音楽の授業は
子供を音楽嫌いにすると感じました。

なぜなら、
覚えても役に立たない音楽史
(まあ一般常識は身につきますが)
を覚えさせられたり、
歌いたくもないのに
無理矢理みんなの前で
歌わされたりするからです。
合唱だって、楽譜通り歌って、
機械的に表現を付けさせられて・・・。

世の中には、
きっと素晴らしい音楽の授業を
展開する先生もみえると信じますが、
まあ、聞くところによると、
上記のような授業の仕方が
多いのではないでしょうか。
それでは、なるほど、
音楽科の存在意味が見出せませんね。
むしろ嫌いになってしまいます。

にもかかわらず、
音楽科は必要である
と私は思っています。

少しでも正しく
楽譜を読めるようになるし、
先述のように、一般常識だって
身につくかもしれません。
合唱なら、
一生の思い出になるかもしれません。
クラシックを聴いて
ハマるかもしれません。

しかし、
それは音楽科の理想像とはまた違う
と考えています。

音楽は、
自然や宇宙と繋がり、
人間の内なる宇宙でもあります。
万葉の昔から、あらゆる国で、
音楽は宗教や文化、風土、生活などと
密接な関わり合いを持ってきました。

音楽によって魂が動かされ、
パワーをもらい、
想像を超える変革をも
世にもたらしたりしました。
一方で、
私たちを夢の世界や未知なる世界へと
誘ってくれたりもしてきました。
音楽に溶け込んで同化したり、
また新境地を切り開いたりしたのです。

音楽は人間が創造したもの
ではありますが、
なぜ創造できたか
不思議に思いませんか?
雪の結晶が、
なぜあんなに規則正しいのか不思議である
ということと同じです。
確かに、
科学的には「力が云々」と
説明がつくでしょうが、
その「力が云々」の部分は、
自然や宇宙、そして、
もしいるなら神様の仕業じゃないか
と思いたくなるのです。

つまり、音楽も同じで、
人間が創ったもの
と考えるよりも、
自然や宇宙によって創られたものを、
人間が偶然に掴んだ、
と考えるほうが
納得がいくのです
(といいますか、こちらのほうが
“不思議”という言葉を
素直に呑み込めます。
世の中不思議なことばかりです 笑)。

誰かは忘れましたが、
ある天才作曲家は、
「どうしてそんなに
素晴らしい曲を書けるのか」
と訊かれて、
「最初から宇宙にある音楽を
見つけたまでだ」
と言ったそうです。
そんな話を聞いた事があったのですが、
いつ誰にどのような場面で教わったか
忘れました(^_^;)

長くなりましたが、
音楽を学ぶということは、
自然や宇宙の神秘、人間の内なる神秘を
学ぶことでもあるのです。

音楽を学ぶことで心が豊かになり、
本来人間に備わっている感性や感覚が
呼び醒まされ、
立派な魂を持った一人間へ
と育っていけると思うのです。

今日学校でやられている音楽の授業は、
確かに人によっては
役に立っているかもしれませんが、
大事なのは、
上記の本質(音楽の良さ)を身を以って
感じてもらうことだと思うのです。

私は義務教育に携わっていないので、
現場の事情など何も考えずに
述べます(述べてしまえる??)が、
情操教育と謳う以上は、
今の教育を見直して、
素敵な音楽の授業を
展開してほしいなあと思います♪

「美術」や「音楽」などの
実技系教科は、
昨今肩身が狭まっていくばかりですが、
日本の景気付けや、
人間性や感性を育む上でも
欠かせないでしょう。
主要5教科ばかりが重要視されますが、
その他の教科だって、
その捉え方を根本から見直せば、
5教科と同じだけ重要な
存在意味を持っているはずです☆

   :
という感じで、
今日は非常にクサいお話でした。
これだけデカい口をたたきましたが、
生きていくうちに色んな刺激を受けて、
色んな考え方を知ることに
なると思います。
だから、
現段階でのちょっぴり生意気な意見
にすぎないので、
大目に見てください!

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.