観月の宴

こんばんは。タラッタです。

今夜は学部時代の友人と、名古屋市北区如意の大井神社まで、「観月の宴~琴と古典と舞のゆうべ」を観に行ってきました(^^)

私が最近まで所属していた某演技団体の仲間が演じるということだったので、気になって☆

開演前には、
社務所隣の一室にて栗きんとんとお茶をいただきながら友人と雑談♪

そして開演時間になり、
・浦安の舞
・『神様のお話』
・『月読命』
・豊栄舞
・浦安の舞
・『竹取物語』
の順で、演目を楽しみました(^^)

一部、琴の演奏付きだったので、贅沢な雰囲気で良かったです♪

竹取物語は、現代口語での朗読で、非常に聴きやすかったです。

琴に近い方の席だったためか、一部琴のほうが音が強く聞こえてしまったときがありましたが、
話の情景が頭に浮かび、実際にその世界でかぐや姫を見ている感じがしました☆
キャラの演じ分けも分かりやすく、竹取物語であんなに感動したのは初めて。かぐや姫の胸の詰まったような涙ぐましい台詞は印象的でした(;_;)
機会あれば古語でも聴いてみたいですね。

最後、部屋を出て拝殿へ。こちらでも舞を披露されました。

神様を前に舞うと、なかなかリアル感があります!
幼い頃に、神社でシャランシャランと舞っているのを見たことがありますが、
今日は結構な近さで観ることができました。

「観月の宴」なのに天気が悪く、月を眺めることができませんでしたが、
和物はやっぱりいいですね~(^^)日本人として、忘れてはいけない心があります。

終演後は友人とナゴヤドーム前のイオンで食事♪またまたたくさん語りました♪

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.