音楽の練習時間帯やマナーは本当難しい問題です(2)

どうも!タラッタです。

前回から、自宅での練習時間やマナーについて、
お話を進めております。

特に音大受験生という、
朝から夜前まで学校で、
毎日予習や宿題に追われる方にとっては、
本当に大変でしょう。

・・・そんなお話でした。

すると、こういう案が浮かびます。

部活や補習はさぼって、
お家でやる課題や予習も手を抜けばいいさ♪   

という案です。

ほんと、ごもっともですよ・・・笑

正直、そうした方が身がもちますし、
余裕を持って練習に取り組めます。

部活や補習をさぼった(いや、お休みした)場合、
授業がたくさんある日でも、だいたいお家に着くのは15時半~17時です。
(あまりに遠方ならもっとかかりますが)

そして宿題とか全部さぼるとすると、
晩御飯とか入浴とか以外、
ずっと練習に費やせます。

もちろん、22時まで練習OKな方は少ないと思うので、
まあ21時までしか音を出していけないとしても、
平日にしてはけっこうたくさん練習できます。
(防音室とかサイレントモードがない場合の話です)

もっと少なく見積もって20時までしかダメでも、
帰宅後から3時間は集中して練習し、
20時からご飯食べてお風呂入って・・・とやっていると、
ちょうどいい時間になります。

だいたい遅くても22時前後には就寝の支度が完了し、
早く眠りにつけて、睡眠時間も確保できます。

これは宿題をさぼるという前提の話ですが、
宿題をやるとしても、22時から集中して2、3時間やっても、
まだ25時(夜中の1時)です。

変に忙しくなく、とても充実した1日になりそうですね。

要は、音大受験生で練習時間が足りないと感じているなら、
業後補習や部活が原因なのかもしれません。

とにかく、業後の何かが邪魔をして、
夜にしわ寄せがきている、という状態なのです。

なので、可能であれば、
業後の用事を減らす努力をした方がいいかもしれません。

まあ、進学校とかなら、
補習を休むのは言語道断かもしれないので、
その点は要注意ですね。

そもそも、進学校まで行って音大を目指す方が、
世間的には間違っているのかもしれませんが・・・笑

まあ、うまく工夫してやっていくしかないでしょうね。
必ず何かは犠牲になるというわけです。

・・・・と、練習についてお話してきましたが、

結局は真夜中でも音をバンバン出せる環境下なら、
あまり悩まなくても済む問題かもしれませんね。

それと、音大進学者の多い高校だと、
そういう理解が学校側にあって、
融通を利かせてくれる可能性もあります。

思えば、私が音大生だった頃、
そういうことで悩んでいたという学生は、
多くはなかった気がします。

「なんで???」と思いました。
今でも思っています。
「いつ、どうやって練習したんだろう???」
と、とても不思議でした。

以上、主に音大受験生中心の話でしたが、
社会人でも同じです。

音楽活動をしている社会人でも、
練習時間の確保はなかなか難しいものがあります。

ただ、大人なら自分で考えて行動できると思い、
あえて触れませんでした。

どうしても時間を確保できない!と嘆くくらいなら、
時間を作って練習していきましょう、というわけです。
(偉そうにすみません)

考えるよりもまずは行動ですね。
意外に、考えるという行為は時間を使っています。

一度、何も考えずにひたすら行動すると、
「1日の内に、こんなにもできるんか!」
と驚くかもしれません。

既にできている方はいいのですが、
私はどんくさいのでそう感じました 笑

でも参考になれば幸いです。

それでは、また更新します(^^)

P.S.


気温が上がってきましたね。
水分補給、しっかりしていきましょう♪

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.