声楽の先生の探し方・選び方はこうだ!

「これから声楽を習おうかな~」と思っても、まず最初にぶち当たる問題が “ 先生探し ” ですよね。

ピアノの先生と違ってそう多くはないし、多くないということは、候補を挙げたとしてもそれだけ選べる選択肢も狭くなってくるっちゅーわけだ。

じゃあ、どうしたらええのか?って言ったら、そりゃもう当然自分の力で探すか、声楽を習っとる知り合いがおれば その人に尋ねてみるとか・・・といった、よくある流れになりますね。

私の場合はどうなのかって言ったら、・・・

 

・・・あれ?どうだったかな。忘れちゃいました(^^;)

 

・・・・・

 

・・・・・

 

あッ!!思い出した!

 

高校1年のとき。幼い頃から通っとったピアノ教室の専務さんに「ええ先生がおるで」と紹介してもらって、声楽を習うに至りました。その声楽の先生は元教師で定年退職された方。声楽家ってわけじゃなかったですが、温厚で優しい先生でした。

当時の私は、まだ音大には声楽専攻として進むつもりはなかったんですが、やがて声楽をしっかり習おうと思い、その先生に次なる先生(声楽家)を紹介していただき、先生を変えるに至りました。

その後も、大学ではひとりの先生に師事した(=門下生として教えを受けた)んですが、たまに違う先生に見ていただいたりもしたし、大学院では全く違う先生に師事しました。大学院を出た後は、大学時代の先生に師事しとります。

という感じで、あらゆる先生に習ってきたんです。

そんな私に言わせれば、先生探しなんかよりも、自分のヤル気と自力本願レベルはどのくらい?という点をまず先に考えるべきだと思いますね。

ハッキリ言うと、声楽初心者にとって、先生の出身音大とかキャリアとかなんてどうでもええです。世界トップレベルの音大を出て一流歌手で飛び回っとる人が手頃な値段でレッスンをしてくれたとしても、他力本願では伸びる保証はない。

逆に、先生が声楽家でなくたって、あなたがヤル気を出して探求心旺盛に進んで学んでいく姿勢さえ貫けば、必ず成長できると思います。

先生探しで大事なことを挙げろって言われたら、あなたと相性が合い、あなたの良さを育ててくれるような先生であること、となります。

先生が声楽を専門とする・しない にかかわらず、まずはそこ。

でもまあ、声楽 “ 家 ” でなくても、 なるべく声楽を専門とする先生であったほうが、後々の成長のことを考えたらその方が良いとは思います。

また、音大やプロを目指すんであれば、やがてはある程度のキャリアを積んだ声楽家に習うことになりますし、場合によってはトップレベルの声楽家に習うことにもなります。むろん、レッスン代はt・・・・・ここではこれ以上言及しません(^^;)

あと男性か女性かっていう点も気になっとると思いますが、正直、最初はどっちでもええです。声楽の基本は男女共に変わらないです(ただ、同性かつ同質の声であればあるほど、歌う感覚をイメージしやすかったりするかも)

趣味でやる・やらないにしても、まずは行動してみましょう!

知り合いに声楽やっとる人がおれば、その人にメールや電話なりで訊いてみましょ♪ もし知り合いにそういう人がおらんかったら、インターネットで「地域名 声楽教室」みたいに調べれば、教室がひとつふたつ出てくるんではないでしょうか?

直感でええので、「この先生、相性が合いそうな気がする」「この先生に習ってみよう!」と感じたら、まずは体験レッスンに行ってみることが大切だと思いますね。

もし将来的に音大とか目指しとるなら、進路などについて相談しやすい先生か?また受験対策をしてくれるか?といった視点も大切になってきますね。

ま、ネット上で知れる情報は限られとるんで、体験レッスンに行ってきちんとビジョンを話して相談を受けましょう

ただ、いずれにしても強引に入会させようとしてきたり、やたら勧誘がしつこかったりする教室は入会しないほうがええと思います(仮に大手であっても先生が良心的とは限りません)。その辺の嗅覚も持っておきたいものですね。

先生を探すにあたり、下記の記事も参考にしてみてください。出張型の音楽教室(つまり、ちまたのスタジオを借りてレッスンしたり、あなたの自宅に先生が出向いてレッスンするというタイプ)もアリとは思います。

⇒ 声楽出張レッスンの長所短所と、受講可能な教室のご紹介

また、(名古屋限定ですが)下記の記事も教室探しの参考にしてみてはどうでしょう?

⇒ 名古屋で声楽を学べるレッスン教室(初心者、趣味向け)

↑「初心者、趣味向け」って書いたるけど、音大志望者でも参考にしていただけると思います♪

ツテがあるならその手を使ったほうがええかもしれませんが、ツテがない人も多いと思います。そんな人は、是非上記の方法を実行してみてはいかがでしょうか?^^

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.