とあるご老人「戦争のことをほじくりかえすから戦争になる」

どうも、タラッタです!

前回は、「【戦後70年】公演にて平和について考えよう in名古屋」と題して、戦争・平和をテーマにした公演をご紹介しました。安保法案のこともありタイムリーですね。

はてさて、日本はいったいどのような方向に進んでいってしまうのでしょうか?これから、ますます戦争反対の声が強くなってくるものと思います。しかし、まだまだこういった話題に無関心な人も多く、そういう人がいるからこそ、物事は良いほうへとなかなか動いていかないような気がしています。

ところが、ある意味 的を射ていると思われる、とあるご老人の言葉があります。

「戦争のことをほじくりかえすから戦争になる」

私の親の勤め先のご老人の言葉です。彼は戦争の時代に生きてきた人で、戦争の凄惨さは身に染みて分かっていると思います。そんな彼が放ったのは、「戦争はやめろ!」「平和が一番!」ではなく、上記の意外な一言だったのです。

彼にとって、きっと思い出したくない事があるのかもしれません。我々若人は、経験者に少しでも多くのことを語ってほしいと思っていますが、経験者にとっては、やはり辛いものがあると思います。だから上記のように言い放ったのかもしれません。

でも、別の視点から考えると、こうとも捉えられます。

「触らぬ神に祟りなし」

ちょっと意味が違うかもしれませんが、まあ、だいたいイメージとしてそんな感じです。「戦争のことを知ろう」「戦争反対だ!賛成だ!」というように日本中が騒ぎ立てることで、「戦争」という言葉が次第に濃厚な存在となり、国民の脳裏に焼き付き、そういったムードになってきて、やがてその言葉が成就してしまうということです。

彼はそれを言いたかったのではないか?と思うのです。彼は戦後、平和な暮らしをしてきて、誰もが「戦争」という言葉すら口にしなかった。なぜって、思い出したくもないから。だけど最近、思い出したかのように「戦争戦争」と世間では言われている。これじゃあ本当に戦争ムードになっていってしまう・・・。「反対」と言っても、「戦争」という言葉の力に負けてしまう・・・。

昨日、ある人のブログにこうありました。ざっとまとめると、「戦争反対」ではなく「平和運動」をしようということです。その人は量子力学を基に論を展開していましたが、言わんとしていることは、要はポジティブなベクトルで!ということです。

国民皆が戦争に賛成したらもちろん戦争になる。でも、反対しても戦争になる。それはきっと、言葉の力に負けるからなのでしょうね。じゃあ、言葉を選べば良い。「平和」という言葉を・・・!

・・・難しいですね。この手の話題は。だけど、現代を生きる私たちの人生にかかっていることです。そして後の世にも大きな影響を与えます。繊細な話題なので、慎重に考えていかねばならないと思います。でもスピードも求められます。本当に難しいですね。

とにかく、「平和」を切に願います。

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.