『白いうた 青いうた』を、元来の声楽スタイルを抜けて歌う!

どうも、タラッタです!

新実徳英作曲、谷川雁作詞の歌曲集『白いうた 青いうた』ってご存知ですか?

その名のとおり、まさに白くて青い感じのする、純粋無垢な青春のような、でもどことなくセンチメンタルで深~い歌曲が詰まった歌曲集です(あくまで私の感想です)。

もしこの記事を作曲者の方がお読みにいらっしゃったら恥ずかしいので、あまりズバズバと書けませんが、私のお気に入りの作品のうちのひとつです。

なんていうか、中二病チックな感じもするし、知的で繊細な感じもするし、歌詞に秘められたるバックグラウンドも意外に深刻だったり・・・。なんかその・・・不安定だけど“個”があるような歌がたくさん詰まっている気がします。言葉ではうまく言い表せないですが(^^;)

でも曲調は全体的にシンプルで明快!情緒豊かで、メロディーも一度頭に焼き付いたらなかなか離れてくれやしないですね(笑)知らぬ間に口ずさんでしまっているようなメロディーばかりです。西洋的な音楽がほとんどですが、中にはカレーのにおいがしてきそうなエキゾチックなものや、昭和の歌謡チックなものもあります。

で、面白いことに、所々で聞いたことのあるようなメロディーも出てくる(デジャヴかも??)し、現に既存の歌のメロディーの断片が使われていることにも気付きます。

例えば、「はたおりむし」っていう曲が入っているのですが、
その曲の歌の入りのメロディーが、クリスマスソングの「Sing we now of Christmas」の入りのメロディーと同じです。

「Sing we now of Christmas」がどんなメロディーかは、是非検索等かけて合法的に聴いていただきたいと思いますが、うん、なんとなくだけど教会旋法チックな感じがしないでもないです。この曲を作った方は、クリスマスソングということで意識したのかもしれませんね(詳しく調べてないので勝手な推測です 笑)。

話を戻すと、
『白いうた 青いうた』は、ただただ素敵です。以前に声楽のレッスンに曲を持っていったことがありますが、残念ねがら先生には「こんな曲あるんだ~発声練習になりそうだね~」と皮肉を言われてしまいました!(>_<)

まあ、単に先生としては好みじゃなかったんだと思います。

でも、その明快さが『白いうた 青いうた』の良いところだし、歌詞の内容を解釈して聴き手に伝えることはとても難しいのではないかと思います。というか、伝えようとすること自体この歌曲集には向いていないのかもしれませんが、伝えようとしないよう呟きのように歌うにしても、聴き手にとっては「呟き」として聞こえるように歌う必要があるのです(技術的なことを言えば)。本当に呟いたら何を歌っているのか分かりませんからね(^^;)

プラス、音楽性が明快ながらも豊かなので、それを活かす必要性もありますし、歌詞の持つ“音”をも音楽とうまく融合させる必要性も感じます。いや、むしろこちらの優先度のほうが高いかもしれませんね。

『白いうた 青いうた』は、歌曲にしては珍しく填詞(てんし:あてぶりのこと)が施されています。普通は歌詞にメロディーを付けるのが主流ですが、この歌曲集は逆で、メロディーありきの歌詞となっています。

だからこそ、音楽性や音的な歌詞表現は優先すべきことだと思うのです。技術を駆使して歌詞の内容を繊細に表現する・・・というスタイルを抜けて、歌詞はサラサラと春の小川のように音楽に溶け込ませつつ歌い、メロディーをより生き生きと歌うべき歌曲集であるように思います。そして伴奏ピアノの持つ音楽性も忘れてはなりません。

・・・と、まあ、このように色々考えてしまうのは声楽を学んできたからこその癖ですが、本当はもっと軽く考えても良いものなのかもしれませんね(^^;)

ちなみに、『白いうた 青いうた』は合唱版もあります(こちらのほうが先に出版された・・・んでしたっけ?間違ってたらすみません)。もし興味がありましたら、是非調べてみてください♪

『白いうた 青いうた』のCDですが、バリトン歌手で作曲者の弟である新実真琴さんと、ソプラノ歌手で学術博士である藍川由美さんが歌っていらっしゃるのを私は持っています。

新実さんのしっとりとした癒し系バリトンボイスは、曲の雰囲気と見事に溶け合っていて非常にしっくりきます。私の音大時代の後輩何人かも、新実さんの歌う『白いうた 青いうた』のCDを聴いてウットリしてしまったそうです♪

一方で、私は藍川さんのも好きです。藍川さんのほうは合唱版を使って歌われているようです(収録時には独唱版はまだ世に出てなかった・・・はず)。私は藍川さんのCDをたくさん持っているのですが、日本語の鮮明さや的確な解釈において、彼女の右に出られる者はいないと思うほどです。

どちらの方のCDもおすすめです!
興味がある方は聴いてみると良いかもしれませんね♪

という感じで、今日は『白いうた 青いうた』のお話でした。

この歌曲集のこと、意外に知っている人が少なくてビックリしているんですが、本当にイイ曲ばかりなので好きです♪親しみやすい豊かな音楽と、それに似つかわしからぬ歌詞の言霊。音楽と歌詞が絶妙なバランスで融合し合ったとき、この歌曲たちの持つ威力は一層強くなると思っています。

楽天にCDや楽譜がありますので、検索してみると良いでしょう♪

楽天で探す
楽天市場


 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.