定年退職後の趣味にはずばりピアノが一番!

定年退職後の趣味にはピアノ!

定年退職後に何か始めたい!って思った方に、音大出身である私から「これはどうでしょう?」という趣味を提案します。

それは、ずばりピアノです!

もしご自宅に眠っているピアノがあれば、ぜひこれからの老後生活は、弾かれてみてはいかがでしょうか?

いや、ピアノがなくても、新たに電子ピアノ(余裕があれば生のピアノ)を購入して弾いてみても良いかもしれませんね。

これにはちょっとワケがあります。

話は少し飛びますが、最近、下記のいずれかのことはないでしょうか?

  • 物忘れが多くなってきた
  • 昨夜の晩ご飯が思い出せないことがある
  • イライラしやすい
  • これからの人生が暗く思える
  • 生きがいがほしくてたまらない
  • 若い頃が懐かしい

いかがでしょうか?

では、順に話を進めていきましょう。

ピアノは脳の活性化になる!

歳をとればとるほど、脳の働きが鈍ってきたり、また、これから死に近づく恐怖から、色々と不安に思ったりすることが増えてくるみたいですね。

そこで、その脳の働きを少しでも良くしたり、これからの老後生活をより潤い豊かなものにしていくためには、私はずばり「ピアノ」が適していると思うんですね。

テレビなどでも脳科学者が説明していることがありますが、ピアノを弾くという行為はまず、脳を活性化させるという効果があると分かっています。

というのも、ご存知のとおり、両手の指を動かすことになるからです。指先の運動をすることで、脳に良い刺激がいきます

また、音楽表現や曲のイメージをつくろう!と試みることで、右脳も活性化され、ボケ防止にもけっこう役立つと言われていますね。

さらには、曲の構成を考えたり、テンポや拍子を確認したり、音符の意味を理解したりする上では、理論面をつかさどっている左脳の活性化にもなります

右脳と左脳は脳梁という部分で情報交換をしているのですが、その働きに刺激を与えて情報回路を高めてくれるのも、ずばりピアノ演奏です。

そこで、ピアノ生活を支援してくれる楽譜があるので、ここにご紹介しておきましょう。

⇒ 30日でマスターするピアノ教本

定年退職後という時期であれどピアノには一度も触れたことがない方とか、ピアノを弾いたのはずいぶん昔だという方も多いと思います。

そこに脳の衰えが加わります。

となると、ピアノを弾くというスキルのみならず、楽譜を読むというスキルも、なかなか身につかないものです。

3つのポイントの効果的なピアノ練習

そこで良いのが、上記の教材なのですね。

というのも、読む・見る・弾いてみる」の3つのポイントをおさえて練習していくことができるからです。

演奏の見本となるDVDが付いている点が大きいですね。映像と音を通して学べるのは、断然分かりやすいですし、見て覚えられるため理解もしやすくなります。

もし動画がなければ、定年を迎えるくらいの歳の多くの方にとっては、眠たくなったり、いまいち理解が進まなかったりと、進捗に支障をきたしてしまう場合があります。

  • 分かりやすくまとまっている楽譜を「読む」
  • 指導者の明瞭な動画を「見る」
  • できようができまいがとりあえず「弾いてみる」

という3つのポイントをサイクルさせることで、効果的に学べるわけです。

また、今回ご紹介している教材では、楽譜そのものも、全く読めない人向けに構成されているため、定年退職後のピアノ初心者にとっては、とても役に立つはずです。

(・・・ちょっと高い買い物になってしまうのですけどね…。)

一度 詳細をご覧になってみてはいかがでしょうか?

⇒ 30日でマスターするピアノ教本

定年退職後・老後は独学がいい!のワケ

ご紹介の教材は、もちろん独学用なんですが、独学をお勧めするのには大きな理由があります。

仮に、音楽教室に通うとなると、まずお腹を満たし、身なりを整え、歯も磨き、それから家の戸締りや鍵閉めをし、車なり電車なり使って会場まで足を運ぶ必要があります。

雨が降っていれば雨に濡れるといったキライもありますし、夏なら猛暑、冬なら極寒と、気温の変化にもさらされて体調を崩してしまう可能性も高くなります。

そういったことを色々考えると、日々、独学で練習を続けていくのが楽ですし、長続きもしやすくなると思うんですね。

私はまだまだ一応若者(のつもり)なので、定年を迎えた方の本当の心の中の気持ちは到底分かりません。が、末永く、老後の人生を楽しんで、パーッと明るいものにしていただきたいと思っています!

だからこそ、無理なく、そしてご自分のペースで少しずつピアノのスキルや読譜の力を身につけていって、有名なクラシック音楽や懐かしの音楽などを表現していただこうと考えているんです。

ピアノを独学で学ぶ方法は色々あるとは思いますが、先ほどから申しているとおり、私からは、下記の教材を使われることを提案させていただきたいと思います。

⇒ 30日でマスターするピアノ教本

ぜひ、自分が悠々自適にピアノを弾いている姿を想像していただき、うるおいあふれる素晴らしい第2の人生をお送りくださいね♪

スキルが身に付いて弾けるようになってきたら、どんどん色んな楽譜に挑戦してみましょう!

以上です!
では、にんにん♪

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.