声楽でのビブラートのかけ方や練習方法とは?

ビブラート

どうも!タラッタです。

これまで声楽について色々なお話をしてきましたが、初心者が疑問に思う「ビブラートのかけ方や練習方法」についてきちんとお伝えしたことがありませんでしたね。

そこで今回は、ビブラートについてのお話です。このあいだ読者の方からビブラートに関する質問メッセージをいただいたので、そのやり取りをご紹介する形でお伝えしたいと思います。

※ 追記:現在、声楽に関するご相談は受け付けておりません。ご了承ください。

ビブラートのコツや練習法などは、何か

質問メッセージのやり取りは以下のとおりです(追記:私の名前は、現在のものに変更しました)。

質問

初めまして、 ○○と申します。歌声を拝聴いたしましたが、お遊び的な収録とおっしゃる割に凄く上手で羨ましい限りです。

そこで、タラッタさんにお伺いしたいのですが、ビブラートのコツや練習法などは、何かございませんか?

インターネットで調べたり、本で読んだりした練習法ではビブラートが全く身につかず、困っております。最近は声が重たいのが原因なのではないかとも思うのですが、自分ではどうすれば良いか分かりません。

もしよろしければ、何卒ご助言よろしくお願いいたします。

回答

上の質問メッセージに対し、私は次のように返信しました。

○○ さん

はじめまして。タラッタでございます。
メッセージくださいましてありがとうございます。そして返信が遅くなりすみません。

> 歌声を拝聴いたしましたが、お遊び的な収録とおっしゃる割に凄く上手で羨ましい限りです。

歌声を聴かれたのですね。大変恐縮ですが、嬉しい限りです。
このお言葉を励みに、声磨きを頑張っていきたいと思います!

>そこで、タラッタさんにお伺いしたいのですが、ビブラートのコツや練習法などは、何かございませんか?
>
>インターネットで調べたり、本で読んだりした練習法ではビブラートが全く身につかず、困っております。最近は声が重たいのが原因なのではないかとも思うのですが、自分ではどうすれば良いか分かりません。
>
>もしよろしければ、何卒ご助言よろしくお願いいたします。

ビブラートの問題は、実に厄介ですね。

正しい発声を身に付けた結果、自然にビブラートが付く人とそうでない人がいて、私の周りでもさまざまです。私は、ビブラートが自然に付かない人間で、歌うときはビブラートを「意識的に」付けたりしています。

コツと呼べるかは分かりませんが、鳩尾(みぞおち)のあたりの中の方をククククッとさせて、息の圧に微妙な強弱を付けてビブラートをかけています(その圧の強弱が小刻みに交互に起きている状態です。音程は変えないようにします)。

あくまで私なりのイメージ論ですが、ブワンブワンブワンと音を立てて回転している送風機が鳩尾のところにあるような感覚ですね。曲によってはその回転数を変えたり、エッセンス的にノドを多少揺らしたりもしています(でもノドを使うのはクラシックの正当なやり方ではありません。が、演歌等では効果的です)。

でも、以上の話が完全に正しいか?と訊かれたら、自信を持って「正しい」とは言えませんし、○○さんにも適しているかは分かりません。いずれにせよ、結果的に「耳障りなく」「効果的に」聞こえて、かつ「ノドに大きな負担がなく」「体に無駄な力が入っていない」のであれば問題がないと思います。あと、曲によってもビブラートをかけるほうが良かったりかけないほうが良かったりするので、ビブラートの問題は実に複雑だ(でも面白い)と思います。

よって、ビブラートをかけるための練習方法でコレ!といえるものはありませんね(ごめんなさい)。たらい回しになってしまいますが、理想は、(もしまだでしたら)マンツーマンのレッスンに通って直接先生に見てもらい、安定した呼吸や正しい発声法を習得することだと思いますね(なぜマンツーマンが良いのかというと、人ぞれぞれで体、声帯、性格、感覚、癖などが異なるためです。先生との相性にもよりますが、マンツーマンであれば自分に見合った指導を受けられる傾向にあります)。

その過程で自然にビブラートが付かなければ、改めてビブラートを付ける研究をし、逆に自然にビブラートが付けば、今度はビブラートを付けなくする方法を考えるようにする、といった流れですね。

さらに言うと、ビブラートといっても歌手によって価値観や好みも異なっているので、自分では付いているつもりじゃなくても「付いて聞こえてるよ」と言ってくれる人もいますし、「それは付け過ぎじゃない?」と言う人もいます。ビブラートというのは実に不明確でなものだとつくづく思います。

ポイントをまとめますと、

● まずは正しい呼吸法や発声法をマスターする
 ※ 個人レッスンで、自分に合った指導を受けることが理想
● ビブラートのことを考えるのはそれからで十分

という感じです。呼吸や発声の基礎ができている状態までくれば、自発的にビブラートを探求していくことができると思います(迷うことはあっても、建設的に考えられるようになります)。仮に基礎ができていないときは、いくら考えても勘違いをしたり、最悪の場合はノドを壊したりすることもあります

以上のような感じの回答でよろしいでしょうか?
大きな力になれずに申し訳ございませんが、今後のご健闘を心からお祈りいたします。

タラッタ

いかがでしょうか。少しでも参考になれば幸いです。

とにかく勇気を出して習いに行くことが大事

独学でも優れた教材はたくさんありますが、やはり、それだけでは誤解をしてしまうこともあるし、どうしても甘えてしまうこともあります。そして、独学用教材というのは内容が普遍的(一般的)なので、無難ではあっても個々に合っているとは限りません

そのため私は、実際に声楽レッスンを受けに行くことをおすすめしています。

「恥ずかしいから嫌だな」
「面倒だな」
「高そうだな」

と思うこともあるかもしれませんが、「声楽=人前で歌う=人に伝える=コミュニケーション」ということを考えても、やはりそこは勇気を出して殻を破って習いに行くのが一番です。

レッスン代も、コストパフォーマンスを考えたら高いものではありません。60分5000円くらいだとしても、その60分で得られる経験値は非常に大きいものです。だって先生は「専門家」ですから(ただ、音大の先生とかに習うとそんな安くないです^^;)

カラオケでうまく歌いたい!という人は、実に多いものです。たしかに独学でもある程度のレベルまでは行けるかもしれませんが、「うまい歌」というのは、音程が正しかったりビブラートを操作できるということだけでなくて、ソウルでもって聴き手に伝わる歌のことをいうと私は思っています。

歌はコミュニケーション。あなたなりの世界や作曲家のメッセージを、音楽を介して聴き手に伝える。そして聴き手に何かの思いを抱いてもらう・・・。

それこそ歌であるわけですね。そういう歌を歌えるようになるためにも個人レッスンは欠かせません。特に初歩のうちは悪い癖や勘違い・誤解も多いはずですから、経験者に学ばずに独学で突き進むことは困難なのです。

勇気がいるかもしれませんが、それさえ踏み出せば、その勇気は成長のための栄養となるはずです(^_-)-☆

ヤル気があるうちに、行動に出よう!

「やるぞ!」と思ったら、すぐに体験レッスンに申し込むことが大切です。ためらえばためらうほど前進できなくなってしまいますからね。ヤル気をバネにすれば、最初の一歩なんてたやすいものです。

当ブログでは、(私が愛知県出身ということもあって)「名古屋で声楽を学べるレッスン教室(初心者、趣味向け)」という記事をまとめていますので、愛知県の人は是非参考にしてみてくださいね。

他の地域の方は、スミマセン・・・。そういう記事を作っていないので、お手数ですが「地域名 声楽レッスン」や「地域名 声楽 初心者」というようなキーワードで検索をかけてみてくださいね♪

今回は以上です!ここまでお読みいただきありがとうございました。

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.