プロのボーカリストになるために必要なことは?

プロのボーカリストになるために必要なこと

どうも!タラッタです。

久しぶりの更新ですが、今回はプロのボーカリストになるために必要なことについて、ちょっくらお話ししたいと思います。

プロのボーカリストになるのは本当に大変なこと

プロのボーカリストといっても幅は広いですが、ともかく歌うことで人を魅了するような人間になり、それで飯を食っていくというのは、とてつもなく大変なことです。

きちんと計画立てて準備をし、自分の特徴を知り、個性をアピールし、まわりの人からの手助けや支援を受けて、なおかつそこに運も降りかかって、ようやくプロへの道が開けます。

プロの土俵に立てるようになっても、声や魅力を維持し、ファンを逃がさないようにしないといけない。
そうしなきゃ、食ってはいくことは不可能なんです。

とはいえ、プロになりたいなら、そこへ至るための切符をまず買わないといけませんね!

その切符を渡してくれるのが、たとえば下記です。

⇒ ミュージックプラネット

いわゆるボーカルオーデョションですが、まあよくある方法ですね。

さて、プロのボーカリストになるには、果たしてどんなことが必要なのでしょう?

必要なのは、実力だけじゃない!

ボーカルのプロになるなら、当然ボーカルの実力が必要です。
だから、誰しもボイストレーニングに通って、厳しい指導を受けるわけです。

でも、歌が上手い人って、実はごまんといる

今やYouTubeなどが人気な時代ですが、ちょっと検索かけるだけでも、歌が上手い人はたくさん。
Twitterとかでも、「歌ってみた~」なんつって、色んな人が自慢(?)しています。

だから、実力だけで戦おうとしたら、それはもう計り知れないくらい大変なこと。

でも、そこで自分のブランドを確立し、差別化することができれば道は開けてくるわけです。
もっといえば、多少実力がなくても、それを補えるものがあれば、アーティストの世界ってそう遠い世界ではないんじゃないか?って思ったりもしますね。

(・・・ただ、当然その後の訓練で上達しないといけませんが)

で、実力以外に必要なものといったら、

  • オリジナリティー
  • チャンス
  • まわりからの手厚いサポート
  • 切磋琢磨し合える仲間
  • 聴いてもらう機会

などなどではないでしょうか?

とあるボーカリストがおっしゃっていたんですが、ボーカルの世界ではまず、

誰にもまねできない人であることが大事

なんだそうです。

Twitterとかでは有名な歌を上手に歌ってる人も多いですが、なんとなくみんな似ていたりする。
そして、ただうまいだけって人もたくさんいる。

プロの場合はそうではいけなくて、素人がパッと聴いただけで「あの人の歌声だ!」と思えないといけないし、「この楽曲が歌えるのはこの人しかいない!」っていう価値がないといけないんですよね。

上手い下手ではなく、イメージ、個性、ブランド、人間性、風貌など、そういった数々の要素も関係してくるわけです。

で、自分はどんなオリジナリティーを求めるべきなのかを知らなければなりません。
それを知るためには、プロの目でジャッジしてもらう必要があります。

プロの目でジャッジしてもらうためには、そう、積極的にプロのアーティストに自分自身を見せ(魅せ)に行かなければなりません。

直接弟子入りする人もいると思いますが、タレント事務所のオーデョションを受けたり、ボーカリストになるための支援をしてくれるプロジェクトに参加するなど、そういったものに果敢に挑戦していく前向きな姿勢が必要というわけです。

その一例が、上のほうでもチラッと出したコレです。

⇒ ミュージックプラネット

いわゆるボーカルのオーディションっていうやつですが、こういった支援プロジェクトというのは、果敢にアタックしてみて損はないと思います。

受かるか落ちるかは分からないし、受かったとしても結果として肌に合うか合わないかは分かりません。

しかし何もしないのなら、そのまま何もせずに刻々と時間だけ過ぎていくだけです。
チャンスがあるなら、それにガッと食らい付いていくべきだと思いますね。

そのくらいの度胸や勇気がなければ、プロとしてやっていくとなったときに、おそらく潰されます。
・・・いや、そもそもプロへの道の門にすら立てないでしょうね、弱気じゃあね。

どんなに頑張っても、プロになれる保証なんてないのも事実。
だけど、クジは買わなきゃ100%当たらない!というわけです。

ただ私が思うに、プロのボーカリストになれる確率は、クジで1等が当たる確率よりも高いでしょうねw

 

 
スポンサーリンク

>> 全記事一覧はこちら <<

サブコンテンツ

クリックでD.C.